慶應義塾 研究者情報データベース

| KRISトップ | English | 研究連携推進本部 | 研究関連リンクページ | 慶應義塾トップ |

慶應義塾研究者情報データベース(K-RIS)は、
慶應義塾の研究者の方の研究業績やプロフィールを、
WEBから公開するためのデータベースです。

最新のお知らせ

>>お知らせ一覧へ

マニュアル・よくあるご質問

お問い合わせ


  • 土日・祝日等の事務室閉室日のお問い合わせは翌事務室開室日以降の返信となります。また担当者不在等により、回答が遅れることもあります。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いいたします。

補助入力者設定依頼の方法

研究者ご本人以外に、補助入力者を設定し、作業を委託することができます。補助入力者は研究者本人と同等の権限を持ち、作業ができます。以下の必要事項を記入し、研究者ご本人から、メール または書面で、までお知らせください。


The researcher can assign a proxy to assist in registering information. By doing so, the
proxy has the same authority as the researcher to enter information. To apply, the
researcher must enter the necessary information explained below and submit the
document or e-mail the information to

  1. 研究者ご自身の氏名
  2. 補助者の氏名(よみがなも)
  3. 補助者の身分(身分は問いません。教職員や学生も可)
  4. 補助者本人連絡先(メールアドレスが望ましい。
    ユーザIDとパスワードを送信します。内線もあれば記載ください)
  5. 塾所属で教職員番号がある場合は教職員番号
  1. Full name of researcher
  2. Full name (and hiragana) of proxy
  3. Status of proxy (can be anyone including staff, faculty member, or student)
  4. Contact details of proxy (Preferably an e-mail address; the user ID and
    password will be sent to the proxy. If he/she has an extension number, please provide.)
  5. If the proxy is affiliated to Keio and has an ID number (assigned to Keio staff and faculty members), please provide.

※補助者本人からの申請だけでは認められません。
※研究室等の所属単位で複数名分の権限を付与する場合、
所属長からの申請が必要となります。
※補助入力者の入力権限は、原則として申請年度内のみ有効となります。
期限内に入力権限が不要となった場合や離籍となる方は、
事前にまでお知らせください。


※Applications made only by the proxy will not be accepted.
※Applications for a proxy to register information for multiple
researchers on an affiliation basis ( laboratory, office, etc.) must be made by the immediate supervisor.
※As a general rule, the period for which proxies have the authority to enter
information is until the end of the academic year the application is made. If a proxy is
no longer required within that academic year or is vacating his/her position at Keio
University, please contact in advance.

慶應義塾

| 大学点検評価用データ | システム変更履歴 | 個人情報取扱方針 |