Kashio, Naoki

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Department of Humanities and Social Science (Human Relations) (Mita)

Position

Associate Professor

Related Websites

Message from the Faculty Member 【 Display / hide

  • 授業は基本的にインタラクティヴなワークショップ型の授業なので、積極的なコミットメントを求めます。一生懸命やればやっただけ、自分のためになる授業です。 1 遅刻をしない 2 仲間を尊重する 3 積極的に発言し授業に貢献する この三つを大事にしています。よろしくお願いします。

Career 【 Display / hide

  • 1991.04
    -
    1994.03

    早稲田大学人間科学部 ,助手

  • 1995.04
    -
    Present

    東京外語大学外国語学部 ,助手

  • 1999.04
    -
    Present

    大学助教授(文学部)

Academic Background 【 Display / hide

  • 1986.03

    Keio University, economics, economics

    University, Graduated

  • 1995.03

    The University of Tokyo, Graduate School, Division of Humanities

    Graduate School, Withdrawal after completion of doctoral course requirements, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 文学修士, The University of Tokyo, 1989.03

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Humanities & Social Sciences / Religious studies (Religion Studies)

Research Keywords 【 Display / hide

  • 宗教人類学

  • Anthropology of Religions

  • 宗教学

  • 宗教民俗学

  • 宗教社会学

display all >>

Research Themes 【 Display / hide

  • Sociology of Religiions on Japanese New Religious Movements and Spirituality, 

    2003
    -
    2006

 

Books 【 Display / hide

  • スピリチュアリティを生きる

    KASHIO NAOKI, せりか書房, 2002.10

  • 『グローバル化と民族文化』

    KASHIO NAOKI, 1997.03

    Scope: 289-304

  • 『グローバル化と民族文化』

    KASHIO NAOKI, 1997.03

    Scope: 305-316

  • 『グローバル化と民族文化』

    KASHIO NAOKI, 1997.03

    Scope: 279-287

Papers 【 Display / hide

  • スピリチュアリティ、ある<つながり>の感覚の創出―フランスの日系宗教の事例―

    KASHIO NAOKI

    伊藤雅之・樫尾直樹・弓山達也編『スピリチュアリティの社会学―現代世界の宗教性の探求―』世界思想社  2004.10

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • 宗教的共同性が生成する場―言葉・感情・行為の分有について―

    KASHIO NAOKI

    伊藤雅之・樫尾直樹・弓山達也編『スピリチュアリティの社会学―現代世界の宗教性の探求―』世界思想社  2004.10

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • 現代世界の絆―スピリチュアリティの諸相を描く―

    KASHIO NAOKI

    岩波講座宗教第6巻  2004.06

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • The End of the Vitalistic Conception of Salvation: AnInquiry into Conceptual Validity in Modern Japanese New Religions

    KASHIO NAOKI

    Religion and Society (The Japanese Association for the Study ofReligion and Society)   ( 10 ) 68-81 2004.06

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • 新宗教は新しい『民族』か!?―フランス・MAHIKARIの事例―

    KASHIO NAOKI

    端信行編『民族の二0世紀』(ニ0世紀における諸民族文化の伝統と変容9)ド メス出版    123-141 2004.03

    Research paper (scientific journal), Single Work

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Presentations 【 Display / hide

  • 馬山の世界救世教と女性信者―量的調査と質的調査による中間考察から

    KASHIO NAOKI

    韓国・朝鮮文化研究会第5回大会シンポジウム「宗教と女性―歴史、越境、地域」 (慶應義塾大学日吉来往舎) , 

    2004.10

    Oral presentation (general), 韓国・朝鮮文化研究会

  • 岡田茂吉思想の普遍性と特殊性ー通俗化/相対化されるポストモダン状況の中でー

    KASHIO NAOKI

    韓・日宗教研究国際学術シンポジウムII(世界救世教 (釜山女性文化会館(韓国、釜山)) , 

    2004.10

    Oral presentation (general)

  • 宗教研究の方法論

    KASHIO NAOKI

    日韓宗教研究フォーラム運営委員会 (円光保健大学山本病院(韓国、グンジョン)) , 

    2004.08

    Oral presentation (general)

  • 都市人類学の再構築

    KASHIO NAOKI

    三田社会学会2004年度学術大会 (慶應義塾大学) , 

    2004.07

    Oral presentation (general)

  • 課題としてのスピリチュアリティ研究―その射程とパースぺクティウ゛

    KASHIO NAOKI

    「宗教と社会」学会第12回学術大会 (大阪大学) , 

    2004.06

    Oral presentation (general), 「宗教と社会」学会

display all >>

Works 【 Display / hide

  • 鎌田東二著『神道のスピリチュアリティ』

    KASHIO NAOKI

    2004.03
    -
    Present

    Other, Single

  • 現代日本における<いのち>の表象―マンガ『バガボンド』と若者文化

    KASHIO NAOKI

    2003.11
    -
    Present

    Other, Single

  • ラム・ダス著『死の処方箋』

    KASHIO NAOKI

    2003.09
    -
    Present

    Other, Single

  • 公判を傍聴して

    KASHIO NAOKI

    2003.03
    -
    Present

    Other

  • 現代日本のマンガ/アニメにおける<文化>の概念

    KASHIO NAOKI

    2003.03
    -
    Present

    Other, Single

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SOCIOLOGY OF RELIGION 2

    2022

  • SOCIOLOGY OF RELIGION 1

    2022

  • INTRODUCTION TO SOCIAL RESEARCH 4

    2022

  • INTRODUCTION TO SOCIAL RESEARCH 3

    2022

  • INTENSIVE SEMINAR: SOCIOLOGY 4

    2022

display all >>

 

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日韓次世代学術フォーラム, 

    2004.06
    -
    Present
  • 国際宗教学会2005年東京大会, 

    2003.04
    -
    Present
  • The Japanese Association for the Study of Religion and Society, 

    1999.06
    -
    2003.06
  • 日韓宗教研究フォーラム, 

    1996.12
    -
    Present

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2004.06
    -
    Present

    Committee Member, 日韓次世代学術フォーラム

     View Remarks

    運営委員 諮問教授

  • 2003.04
    -
    Present

    Committee Member, 国際宗教学会2005年東京大会

     View Remarks

    実行委員

  • 1999.06
    -
    2003.06

    Committee Member, The Japanese Association for the Study of Religion and Society

     View Remarks

    常任委員

  • 1996.12
    -
    Present

    Committee Member, 日韓宗教研究フォーラム

     View Remarks

    日本側運営委員