岩崎 栄典 (イワサキ エイスケ)

Iwasaki, Eisuke

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 内科学教室(消化器) (信濃町)

職名

専任講師

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 消化器疾患のなかでも胆膵疾患の診断と治療を担当しています。

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科スタッフ全員で教育に力を入れており、充実した学びを得られるように努力しています。

その他公開情報 【 表示 / 非表示

  •  

総合紹介 【 表示 / 非表示

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 消化器内科, 助教

  • 2015年05月
    -
    2017年02月

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 消化器内科, 専任講師(学部内講師)

  • 2017年03月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 消化器内科, 専任講師

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 消化器内科学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 内視鏡的乳頭切除の後ろ向き多施設観察研究, 

    2020年03月
    -
    2024年03月

     研究概要を見る

    内視鏡的乳頭切除術(EP)の治療効果,予後,内容を評価する.
    UMIN000040288

  • プローブ型共焦点レーザー内視鏡の十二指腸・胆膵疾患に対する有用性の検討, 

    2017年01月
    -
    2021年03月

     研究概要を見る

    十二指腸・胆膵疾患の観察におけるプローブ型共焦点レーザー内視鏡の有用性を明らかにすること

  • 内視鏡的逆行性胆管膵管造影関連処置、超音波内視鏡関連処置実施時における呼気CO2濃度測定の有効性の検討, 

    2016年08月
    -
    2018年12月

     研究概要を見る

    胆道内視鏡施行時の呼気二酸化炭素濃度測定の低酸素血症の減少に対する有効性の検討

  • 内視鏡的十二指腸乳頭腫瘍切除における、通電法の比較試験, 

    2016年03月
    -
    2018年03月

     研究概要を見る

    十二指腸乳頭腫瘍切除において、通電法の違いによる合併症の頻度を比べる。

  • 膵疾患における、IRパルスを用いたcine-dynamic MRCPによる膵液流の検討, 

    2015年10月
    -
    2020年03月

     研究概要を見る

    慢性膵炎、膵癌、IPMN、自己免疫性膵炎などにおける膵液流を評価する

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 胆膵内視鏡処置に関する臨床研究

  • 胆膵悪性腫瘍の内視鏡的治療 採取された検体を用いた基礎研究など

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Genomic analysis of familial pancreatic cancers and intraductal papillary mucinous neoplasms: A cross-sectional study.

    Abe K, Kitago M, Kosaki K, Yamada M, Iwasaki E, Kawasaki S, Mizukami K, Momozawa Y, Terao C, Yagi H, Abe Y, Hasegawa Y, Hori S, Tanaka M, Nakano Y, Kitagawa Y

    Cancer science (Cancer Science)  113 ( 5 ) 1821 - 1829 2022年03月

    共著,  ISSN  1347-9032

     概要を見る

    Environmental and genetic factors play a critical role in the pathogenesis of pancreatic cancer, which is likely to follow a multistep process that includes intraductal papillary mucinous neoplasm. The pathogenesis of familial pancreatic cancer has been reported; however, epidemiological characteristics and causative genes remain unclear. This study aimed to determine the relationship between the family history of pancreatic cancer and tumor malignancy and identify novel susceptible germline variants of pancreatic cancer. We performed an epidemiologic study at our institute on a cohort of 668 patients with intraductal papillary mucinous neoplasm and 242 with pancreatic cancer but without associated intraductal papillary mucinous neoplasm stratified by family history of pancreatic cancer. Whole-exome sequencing was conducted for 10 patients from seven families with familial pancreatic cancer and intraductal papillary mucinous neoplasm. We found that patients who had intraductal papillary mucinous neoplasm with positive family history of pancreatic cancer within first-degree relatives were more likely to develop malignancy in a shorter period than those without family history. Duplicate frameshift variants in TET2 c.3180dupG (p.Pro1061fs) and ASXL1 c.1934dupG (p.Gly646fs) in one family and POLN c.1194dupT (p.Glu399fs) in another were identified as pathogenic truncating germline variants which were previously recognised susceptibility genes. Moreover, PDIA2 c.1403C>T (p.Pro468Leu) and DPYSL4 c.926C>A (p.Pro309Gln) were shared in four and two patients, respectively. In particular, PDIA2 was identified as a novel candidate for one of the deleterious variants of familial pancreatic cancer.

  • Clinical Practice Guidelines for Endoscopic Papillectomy.

    Itoi T, Ryozawa S, Katanuma A, Kawashima H, Iwasaki E, Hashimoto S, Yamamoto K, Ueki T, Igarashi Y, Inui K, Fujita N, Fujimoto K

    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society (Digestive Endoscopy)  34 ( 3 ) 394 - 411 2022年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0915-5635

     概要を見る

    The Japan Gastroenterological Endoscopy Society has developed the “Clinical Practice Guidelines for Endoscopic Papillectomy (EP)” as a fundamental guideline using scientific approach. EP is a recently spreading therapeutic modality for ampullary tumors ranked as high risk endoscopic technique. Because of the paucity of high level of evidence, strength of recommendations had to be determined by a consensus among specialists. These guidelines, shed light on the following five issues: Indications, Preoperative/intraoperative preparations and techniques, Early adverse events, Therapeutic outcomes and remnants/recurrences, and Follow-up and late adverse events, to guide current clinical practice on EP.

  • Endoscopic Diagnosis of Biliary Stricture Combined with Digital Cholangioscope: A Case Series

    Fukuhara S., Iwasaki E., Kayashima A., Machida Y., Tamagawa H., Kawasaki S., Horibe M., Hori S., Abe Y., Kitago M., Ogata H., Kanai T.

    Healthcare (Switzerland) (Healthcare (Switzerland))  10 ( 1 )  2022年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    The endoscopic diagnosis of biliary tract lesions is applied as a non-invasive method; however, its diagnostic accuracy is not yet high. Moreover, digital cholangioscopy is used for directly visualizing the inside of the bile duct, resulting in a more precise biopsy. We present the case series of the outcomes of diagnosis using digital cholangioscopy in patients who underwent cholangioscopy for the evaluation of biliary stenosis in our department between January 2014 and March 2021. The controls were those who underwent a biopsy for biliary stenosis with conventional endoscopic retrograde cholangiopancreatography (ERCP). Background data for each case were collected, and the clinical outcomes by biopsy were evaluated, focusing on the accuracy of the diagnosis. Cholangioscopy was performed in 15 cases, while a conventional biopsy by ERCP was performed in 172 cases. Nine of 15 cases (60.0%) were diagnosed with cholangiocarcinoma. The number of specimens obtained through conventional ERCP and cholangioscopy was 2.5 ± 1.3 and 3.3 ± 1.5, respectively (p = 0.043). The diagnostic accuracy of conventional ERCP and cholangioscopy were 65.7% (113 of 172 cases) and 100%, respectively, which was significantly higher in the group with cholangioscopy. Digital cholangioscopy is useful when the diagnosis of the biliary stricture using the conventional ERCP method is difficult.

  • Propensity score matching analysis for adverse events of EUS-guided biliary drainage in advanced elderly patients (PEACE study).

    Ogura T, Ishiwatari H, Fujimori N, Iwasaki E, Ishikawa K, Satoh T, Kaneko J, Sato J, Oono T, Matsumoto K, Fukuhara S, Kayashima A, Hakoda A, Higuchi K

    Therapeutic advances in gastroenterology 15   17562848221092612 2022年

    共著,  ISSN  1756-283X

  • Superiority of urgent vs early endoscopic hemostasis in patients with upper gastrointestinal bleeding with high-risk stigmata.

    Horibe M, Iwasaki E, Matsuzaki J, Bazerbachi F, Kaneko T, Minami K, Fukuhara S, Masaoka T, Hosoe N, Ogura Y, Namiki S, Hosoda Y, Ogata H, Kanai T

    Gastroenterology report 9 ( 6 ) 543 - 551 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  2052-0034

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【内視鏡的乳頭切除術まるわかり】EP後経過観察と遺残・再発に対する治療

    岩崎 栄典, 茅島 敦人, 町田 雄二郎, 玉川 空樹, 瀧本 洋一, 南 一洋, 川崎 慎太郎, 堀部 昌靖, 福原 誠一郎, 金井 隆典

    消化器内視鏡 ((株)東京医学社)  34 ( 1 ) 102 - 108 2022年01月

    共著,  ISSN  0915-3217

  • Inoperable duodenal ampullary carcinoma: Can endoscopic radiofrequency ablation therapy be a promising palliative treatment in the future?

    Iwasaki E.

    Digestive Endoscopy (Digestive Endoscopy)  34 ( 3 ) 466 - 468 2022年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  09155635

  • 【膵Interventionの最前線】膵外傷に対する内視鏡治療

    岩崎 栄典, 北郷 実, 岡田 はるか, 中島 悠貴, 水上 耀介, 茅島 敦人, 町田 雄二郎, 川崎 慎太郎, 堀部 昌靖, 金井 隆典

    肝胆膵 ((株)アークメディア)  83 ( 6 ) 883 - 892 2021年12月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  0389-4991

  • 膵切除術後膵液瘻に対する内視鏡処置の工夫

    岡田 はるか, 岩崎 栄典, 川崎 慎太郎, 緒方 晴彦, 金井 隆典

    Progress of Digestive Endoscopy ((一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部)  100 ( Suppl. ) s67 - s67 2021年12月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  1348-9844

  • 【胆膵疾患、一歩進んだ診断のコツ】IPMNの切除適応の決め方

    岩崎 栄典, 岡田 はるか, 中島 悠貴, 水上 耀介, 茅島 敦人, 町田 雄二郎, 川崎 慎太郎, 堀部 昌靖, 阿部 紘大, 北郷 実, 金井 隆典

    消化器・肝臓内科 ((有)科学評論社)  10 ( 6 ) 673 - 681 2021年12月

    共著,  ISSN  2432-3446

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 胆道癌に対する新規治療法の探索:胆道癌オルガノイドバンク構築と胆道細菌叢の解析

    2022年04月
    -
    2025年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 文部科学省, 科学研究費, 岩崎栄典, 基盤研究(C)(一般), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    悪性腫瘍に対する世界的な基礎研究、臨床研究の進歩にも関わらず、胆道癌は難治かつ生命予後不良であり、発生メカニズム、危険因子を解明し、革新的な治療の開発が必要である。標準的な抗がん剤に高度の耐性があり、個別化医療、がんゲノム診療を始めとした新しい治療戦略を構築する必要がある。本研究では胆汁を用いた胆道癌オルガイドバンクを樹立し、胆道癌の生物学的な特性を明らかにし、今後の個別化医療、創薬への基盤となる研究を行う。また、発がん危険因子の探索のために、環境要因である胆道細菌叢、胆汁酸を解析することにより生体内環境リスクに準じた早期発見、予防的な介入の開発への基盤的研究を行いたい。

  • 胆膵がんオルガノイドをもちいた薬剤感受性試験確立と薬剤応答性メカニズムの解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会、文部科学省, 科学研究費, 岩崎栄典, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    難治かつ生命予後不良な胆膵がん疾患における治療成績改善のため、個別化治療の導入が望まれている。研究分担者である佐藤俊朗が世界で初めて確立した三次元組織構造体(オルガノイド)培養をHigh-throughput screening薬剤感受性試験に応用することで、比較的短時間かつ高い精度で効率の良い薬剤感受性試験が実現可能である。手術検体や超音波内視鏡下生検より現在得られたごく微量の腫瘍組織よりオルガノイドを樹立し、バンク化を進めている。胆膵がんオルガノイドバンクより薬剤感受性試験技術を確立させ、臨床データとの相関性を検討する。また薬剤感受性データと全エキソン同定、遺伝子発現アレイ解析などのin vitroデータとの相関解析の他、 CRISPR-Cas9システムを用いたゲノム編集技術を応用し、薬剤応答性の評価方法を確立することで個別化医療への応用、 創薬分野への応用を目指す。

  • 難治性胆膵悪性腫瘍に対するがんオルガノイド培養を用いた薬剤感受性検査の確立

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 岩崎栄典, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    難治かつ生命予後不良な胆膵悪性腫瘍における診断治療の革新のため,オーダーメイド治療の導入が望まれている.研究分担者である佐藤らが世界で初めて確立した三次元組織構造体(オルガノイド)培養とHigh-throughput screening(HTS)を応用することで,比較的短時間かつ高い精度で効率の良い薬剤感受性試験が実現可能である.超音波内視鏡下生検より得たごく微量の腫瘍組織よりのオルガノイド培養方法の確立,全エキソン同定,HTS による薬剤感受性試験の確立,
    in vivo でゼノグラフトを用いた評価をおこなう.世界初のオルガノイド培養を用いたオーダーメイド治療選択の実現に向けた基礎的な研究・技術開発を目的とする.

  • 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)「IgG4関連疾患の診断基準ならびに治療指針の確立を目指す研究」

    2017年04月
    -
    2019年03月

    厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 関西医科大学 岡崎和一教授, 補助金,  研究分担者

受賞 【 表示 / 非表示

  • Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences Best Reviewer Award 2021

    2022年07月, 日本肝胆膵外科学会

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 慢性期病態学各論

    2022年度

  • 内科学(消化器)講義

    2022年度

  • 内科学講義

    2022年度

  • 臨床実習入門

    2022年度

  • 診断学実習

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科講義

    慶應義塾大学医学部

    2021年04月
    -
    2022年03月

    秋学期, 講義, 専任, 3時間, 120人

  • 慢性期性期病態学

    慶應義塾大学看護医療学部

    2021年04月
    -
    2022年03月

    春学期, 講義, 専任, 1時間

  • 消化器内科講義

    慶應義塾大学医学部

    2020年04月
    -
    2021年03月

    秋学期, 講義, 専任, 3時間, 120人

  • 内科診断学実習(OSCE講義)

    慶應義塾大学医学部

    2019年04月
    -
    2020年03月

    秋学期, 実習・実験, 専任, 20人

  • 消化器内科学 講義

    慶應義塾大学医学部

    2019年04月
    -
    2020年03月

    春学期, 講義, 専任, 120人

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • PostCC OSCE委員

    2019年04月
    -
    継続中

  • OSCE委員

    2016年02月
    -
    継続中

    , その他特記事項

     内容を見る

    OSCE試験腹部担当としてステーションリーダーとなり、評価者の基準を統一にすべく指導を行った。

  • カリキュラム委員会

    2015年04月
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    カリキュラム委員として活動

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 第114回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 ハンスオンセミナー講師

    日本消化器内視鏡学会,  (シェーンバッハ・サボー)

    2022年06月
  • 第1回JDDWハンズオントレーニングセミナー 2021

    日本消化器内視鏡学会,  (神戸国際会議場)

    2021年11月
  • 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 ハンスオンセミナー講師

    日本消化器内視鏡学会,  (シェーンバッハ・サボー)

    2019年05月
  • JDDWハンズオントレーニングセミナー 2017

    日本消化器内視鏡学会,  (福岡国際センター)

    2017年11月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会, 

    2003年07月
    -
    継続中
  • 日本消化器内視鏡学会, 

    2003年07月
    -
    継続中
  • 日本内科学会, 

    2001年04月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年02月
    -
    継続中

    改訂ERCP後膵炎診療ガイドライン作成委員, 日本膵臓学会

  • 2021年07月
    -
    継続中

    EUS-FNAガイドライン作成委員, 日本消化器内視鏡学会

     特記事項を見る

    https://www.jges.net/medical/about/list/committee#esufna

  • 2021年05月
    -
    継続中

    IgG4関連消化管病変に関する調査研究 Woriking Gruop, 厚生労働省難治疾患研究班

     特記事項を見る

    https://www.nanbyou.or.jp/entry/4505

  • 2020年10月
    -
    継続中

    第113回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 プログラム委員, 日本消化器内視鏡学会

     特記事項を見る

    http://www.jges-k.umin.jp/113shibureikai/outline.html

  • 2020年08月
    -
    継続中

    日本肝胆膵外科学会 編集委員会 委員, 日本肝胆膵外科学会

全件表示 >>