蟹江 憲史 (カニエ ノリチカ)

Kanie, Norichika

写真a

所属(所属キャンパス)

政策・メディア研究科 (湘南藤沢)

職名

教授

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年11月
    -
    2014年06月

    国際連合大学高等研究所客員, シニアリサーチフェロー

  • 2000年04月
    -
    2001年09月

    北九州大学法学部, 講師

  • 2001年10月
    -
    2003年03月

    北九州市立大学法学部, 助教授

  • 2003年04月
    -
    2015年03月

    東京工業大学大学院社会理工学研究科, 准教授

  • 2009年08月
    -
    2010年07月

    パリ政治学院(SciencesPo.)/持続可能な開発と国際関係研究所(IDDRI)客員教授、欧州委員会Marie Curie Incoming International Fellow

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    慶應義塾大学, 総合政策学部

    大学, 卒業

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

    慶應義塾大学, 政策・メディア研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾大学大学院, 政策・メディア研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

  • 1996年09月

    University of Kent at Canterbury, Department of Politics and International Relations

    大学

  • 1997年08月

    Erasmus University Rotterdam, Department of Political Science

    大学

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 総合政策 学士, 慶應義塾大学, 1994年03月

  • 政策・メディア 修士, 慶應義塾大学, 1996年03月

  • 博士(政策・メディア), 慶應義塾大学, 2001年04月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 政治学

  • 人文・社会 / 国際関係論

 

著書 【 表示 / 非表示

  • SDGs白書2023-2024

    SDGs白書編集委員会 編集, インプレスR&D , 2024年06月,  ページ数: 238

  • GLOBAL SUSTAINABLE DEVELOPMENT REPORT 2023

    Shirin Malekpour, Cameron Allen, Ambuj Sagar, Imme Scholz, Åsa Persson, J. Jaime Miranda, Therese Bennich, Opha Pauline Dube, Norichika Kanie, Nyovani Madise, Nancy Shackell, Jaime C. Montoya, Jiahua Pan, Ibrahima Hathie, Sergey N. Bobylev, John Agard & Kaltham Al-Ghanim, United Nations, 2023年09月,  ページ数: 191

    , 査読有り

     概要を見る

    The Global Sustainable Development Report 2023
    "Times of Crisis, Times of Change: Science for Accelerating Transformations to Sustainable Development", the 2023 Global Sustainable Development Report (GSDR), finds that at this critical juncture, midway to 2030, incremental and fragmented change is insufficient to achieve the Sustainable Development Goals (SDGs) in the remaining seven years. Implementation of the 2030 Agenda requires the active mobilization of political leadership and ambition for science-based transformations. This must be achieved globally - leaving no country, society or person behind. The report is an invitation to embrace transformations with the urgency needed to accelerate progress towards the SDGs.

    The GSDR 2023 highlights key transformations needed in different sectors and provides key findings from the literature, practical examples and tools for progress towards the SDGs. It provides a stylized model to help unpack and understand the transformation process over time and outline the roles of different levers in facilitating various stages of transformation through a systematic and structured approach. As history has shown, transformations are inevitable, and this report emphasizes that deliberate and desirable transformations are possible - and, indeed, necessary.

  • SDGsを問い直す―ポスト/ウィズ・コロナと人間の安全保障

    野田真里 編著, 法律文化社, 2023年05月,  ページ数: 302

    担当範囲: 第12章「環境とSDGs−気候変動や生物多様性問題から見る社会変革の必要性」,  担当ページ: pp.198-215

  • 社会イノベーションの方法と実践

    琴坂将広/宮垣元 編者, 慶應義塾大学出版会, 2023年03月,  ページ数: 296

    担当範囲: 第Ⅲ部 社会イノベーションの評価と展望、「第12章:SDGsにみる変革への革新的アプローチ」蟹江憲史

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • What scientists need to do to accelerate progress on the SDGs

    Shirin Malekpour, Cameron Allen, Ambuj Sagar, Imme Scholz, Åsa Persson, J. Jaime Miranda, Therese Bennich, Opha Pauline Dube, Norichika Kanie, Nyovani Madise, Nancy Shackell, Jaime C. Montoya, Jiahua Pan, Ibrahima Hathie, Sergey N. Bobylev, John Agard & Kaltham Al-Ghanim

    nature (Nature Research)  2023年09月

    研究論文(学術雑誌), 筆頭著者, 査読有り,  ISSN  1476-4687

  • Safe and just Earth system boundaries

    Johan Rockström, Joyeeta Gupta, Dahe Qin, Steven J. Lade, Jesse F. Abrams, Lauren S. Andersen, David I. Armstrong McKay, Xuemei Bai, Govindasamy Bala, Stuart E. Bunn, Daniel Ciobanu, Fabrice DeClerck, Kristie Ebi, Lauren Gifford, Christopher Gordon, Syezlin Hasan, Norichika Kanie,他

    nature (Nature Research)  2023年05月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  1476-4687

     概要を見る

    The stability and resilience of the Earth system and human well-being are inseparably linked1,2,3, yet their interdependencies are generally under-recognized; consequently, they are often treated independently4,5. Here, we use modelling and literature assessment to quantify safe and just Earth system boundaries (ESBs) for climate, the biosphere, water and nutrient cycles, and aerosols at global and subglobal scales. We propose ESBs for maintaining the resilience and stability of the Earth system (safe ESBs) and minimizing exposure to significant harm to humans from Earth system change (a necessary but not sufficient condition for justice)4. The stricter of the safe or just boundaries sets the integrated safe and just ESB. Our findings show that justice considerations constrain the integrated ESBs more than safety considerations for climate and atmospheric aerosol loading. Seven of eight globally quantified safe and just ESBs and at least two regional safe and just ESBs in over half of global land area are already exceeded. We propose that our assessment provides a quantitative foundation for safeguarding the global commons for all people now and into the future.

  • SDGsへの変革へ向けて

    蟹江 憲史

    KUMAMOTO地方経済情報 (地方経済総合研究所)  133 ( 2023年4月 )  2023年04月

    研究論文(大学,研究機関等紀要)

  • Earth system justice needed to identify and live within Earth system boundaries

    Joyeeta Gupta, Diana Liverman, Klaudia Prodani, Paulina Aldunce, Xuemei Bai, Wendy Broadgate, Daniel Ciobanu, Lauren Gifford, Chris Gordon, Margot Hurlbert, Cristina Y. A. Inoue, Lisa Jacobson, Norichika Kanie, Steven J.Lade, Timothy M. Lenton, David Obura, Chukwumerije Okereke, Ilona M. Otto, Laura Pereira, Johan Rockström, Joeri Scholtens, Juan Rocha, Ben Stewart-Koster, J. David Tàbara, Crelis Rammelt & Peter H. Verburg

    Nature Sustainability 2023年03月

  • 序論 SDGsとグローバル・ガバナンス

    蟹江 憲史

    国際政治 (有斐閣)  2023 ( 208 ) 1 - 12 2023年01月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  0454-2215

     概要を見る

    This special issue is the first collection of papers written in Japanese on the SDGs in the discipline of international relations. It is published in a timely manner at the half way of the SDGs. Agreed by consensus by all the UN member states in 2015, the SDGs are now recognized by around 80% of population in Japan. As compared to this remarkable number of recognition, only little number of population “understand” what SDGs are. The same seems to be applied to academic community. This special issue is hoping to serve for deeper understanding of the SDGs.

    We have covered a wide range of issues in this collection. Maeda focuses on non-human perspective and propose bringing such perspective into the study of the SDGs, which could help overcoming shortcomings of the traditional and human-centered international relations. Miyoshiro and Katada bring their attention to business sector. Ways that business practices could contribute to the SDGs, as well as business and human rights issues are addressed. Mashima deals with gender issue, where she focuses on norm that functions for reaching the goals. Hayashi identifies some of the issues that needs more attention in the implementation process of the SDGs by focusing on the SDGs’ impact on NGOs.

    As the governance through goals is a new methodology and concept for global governance, we need to explore various dimensions of this novel global governance strategy. With serious problems that hinder attainment of the SDGs, such as COVID 19 pandemic, climate crisis and the war in Ukraine, practical demand is also mounting. I hope this special issue paves the way for further study of the SDGs and governance through goal setting in Japan and beyond, and that more transdisciplinary and problem oriented research are employed in the community.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Transdisciplinary Science to Address Joint Planetary

    Linwood Pendleton, Joyeeta Gupta, Norichika Kanie, Norichika Kanie, Anthony Capon, Henrik Larsen

    Future Earth Assembly 2024 Agenda, The SRI/SSD2024 (the University of Helsinki, Helsinki, Finland) , 

    2024年06月

    Future Earth

  • Transdisciplinarity in practice for accelerating actions towards the SDGs: A case for sustainable fashion and SME certification

    Norichika Kanie, Tetsuya Yamashita, Norihiko Ishihara, Mari Kosaka

    Sustainability Research + Innovation Congress 2024 in collaboration with Sustainability Science Days(The SRI/SSD2024) (the University of Helsinki, and Aalto University, Helsinki, Finland) , 

    2024年06月

    Future Earth, the Belmont Forum

  • 次なる未来へ向けたSDGsの最新潮流

    蟹江憲史

    日経SDGsフォーラム シンポジウム (丸ビルホール) , 

    2024年05月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 日本経済新聞社、日経BP

  • 整形外科とSDGsを考える

    蟹江 憲史

    第97回日本整形外科学会学術総会 (福岡国際会議場、マリンメッセ福岡A館・B館) , 

    2024年05月

    口頭発表(招待・特別), 慶應義塾大学医学部 整形外科学教室

     概要を見る

    今回のテーマは「未来を創る ―人生100年時代の整形外科―」とさせて頂きました。人生100年時代が現実のものとなるなか、全世代の国民の運動器の健康を担い、明るい未来を創るために整形外科の果たすべき役割はますます重要になってきています。医療には近年急速なパラダイムシフトが生じており、AI、ロボット、遠隔医療、ビッグデータ利活用などの新規医療技術をいかに適切に整形外科診療に導入していくか、また、専門医制度、医師の働き方改革、男女共同参画などの喫緊の医療政策への対応をどのようにしていくか、などについて真剣に議論できる機会にしたいと思います。また、若手医師の方々には整形外科の基本的な知識を習得するのみならず、整形外科医としての将来の方向性を提示しうる機会を提供したいと考えております。新型コロナ感染の先行きは読めませんが、現地で参加しても、オンラインで参加しても、日整会の伝統と未来を感じうる学術総会となるよう、ポストコロナの時代にふさわしい情報通信技術を駆使したハイブリッド形式での運営を行ってまいります。

  • Boosting SDG Accelerators through Innovation and Cooperation: Lessons and Opportunities for North-East Asia and the Asia-Pacific Region

    蟹江 憲史 パネリスト

    第80回国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP) (United Nations Conference Centre(UNCC), Bangkok, Thailand) , 

    2024年04月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 行為主体に着目した持続可能な開発に関する国際制度の変遷とその要因

    2018年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 蟹江 憲史, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • Marie Curie Incoming Fellowship Award

    2009年, 欧州委員会

  • Ph.D. Fellowship Award

    1999年, 国際連合大学高等研究所

  • マルチイヤー奨学生

    1998年, ロータリー財団

  • 小泉信三記念大学院特別奨学研究生

    1996年, 慶應義塾大学

その他 【 表示 / 非表示

  • 2023年07月

     内容を見る

    技術と経済、折り返し点を迎えたSDGsと求められる変革、pp1-12、2023年7月号、No.677、(一社)科学技術と経済の会発行

  • 2023年06月

     内容を見る

    扉ページKanagawa Style『中小企業からSDGsの変革を!』、機関誌「Best Partner」、第35巻第6号、浜銀研究所発行、

  • 2023年03月

     内容を見る

    山陰中央新報、サンデープラスSDGs折り返し地点『一人一人の行動が達成の鍵』、5面、2023年3月19日

  • 『折り返し点を迎えたSDGsとこれからの変革へ向けて』

    2022年12月

     内容を見る

    週刊経団連タイムス、講演記事、「企業行動・SDGs委員会」、2面、2022年12月8日

  • 『SDGs達成に向けた取り組み』

    2022年10月

     内容を見る

    生産性新聞、講演記事、『SDGs達成に向けた取り組み』、神奈川県生産性本部主催、「トップマネジメント・クラブ朝食会」、6面、2022年10月5日

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 地球環境技術論

    2024年度

  • 研究会A

    2024年度

  • SDGsと金融

    2024年度

  • ポリシーマネジメント(政策形成とソーシャルイノベーション)

    2024年度

  • 修士研究会

    2024年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 文系基礎科目 国際関係論第一、第二

    東京工業大学 学部

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 交渉で学ぶ政治学入門

    東京工業大学 学部

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 文系ゼミ

    東京工業大学 学部

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 総合科目 環境計画と社会システム

    東京工業大学 学部

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 地球環境政治/Global Environmental Governance

    東京工業大学 修士

    2018年04月
    -
    2019年03月

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾中等部75周年記念講演会

    2023年06月
    -
    継続中

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

  • 慶應義塾SDGs会議

    2022年06月
    -
    継続中

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

     内容を見る

    慶大では6月1日より、「塾生会議2022」が開始した。当会議は慶應義塾のSDGs実現へ向けた取り組みの一環だ。全学部から選抜された塾生が、専門家からアドバイスを受けながら議論し、SDGsを実現するための慶應義塾のヴィジョン・目標・ターゲットを取りまとめて提言することを目標としている。

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • JAL サステナブル・チャレンジフライト

    2023年09月

     概要を見る

    蟹江がサステナビリティアドバイザーを務める日本航空(JAL)が環境負荷を抑えた「サステナブル・チャレンジフライト」の運航を行う

  • オリンピック・パラリンピック競技大会とスポーツxSDGsの課題

    横浜日仏学院, 横浜フランス月間2023 対談「オリンピックと都市計画:スタジアムから街へ」 (象の鼻テラス)

    2023年05月
    -
    継続中

     概要を見る

    近代のオリンピック大会は何よりもスポーツの祭典です。数々の試合がおこなわれ、その多くがスタジアムなどの閉鎖された施設内でおこなわれます。

    しかしながら開催国そして開催都市を国際的に盛り上げる意図もあり、建物や単なるスポーツの枠を超え、真の都市型イベントを目指すという役割も担っています。よって、開催に伴い大規模工事や野心的な都市開発計画が町の中心地でおこなわれます。その結果、短期的なスポーツ大会の課題と、長期的な経済や都市開発の問題が競合することもあり、地域の住民たちによる受け入れ態勢にも影響を及ぼします。

    2020年東京大会と2024年パリ大会は、課題の密度は同じくらいとはいえ、環境、衛生、また社会的背景が異なる中で、スタジアムから街への移行、スポーツ振興と持続可能な発展の絶妙なバランスに光をあてる理想的なケーススタディといえるでしょう。

  • SDGsの最前線

    三田会(武蔵野三田会), 武蔵野三田会(2023年5月27日) (吉祥寺東急REIホテル)

    2023年05月
    -
    継続中
  • SDGsと教育について

    東京私立初等学校協会, 東京私立初等学校協会 令和5年度 教養講座 (アルカディア市ヶ谷)

    2023年05月
  • SDGsの先の世界観

    宇宙航空研究開発機構(JAXA), 第1回有識者ネットワーク試行パネル型勉強会 ~みんなで考え始める2050年の社会、宇宙航空の世界観~ (オンライン講演)

    2023年05月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 明日への調整 SDGsの実情と行方 よりよい世界の構築停滞

    高知新聞 (16面) , 2024年04月

  • 明日への調整 SDGsの実情と行方 気候や飢餓、教育停滞

    茨城新聞 (8面) , 2024年04月

  • 明日への調整 よりよい世界の構築停滞 SDGsの実情と行方

    中部経済新聞 (13面) , 2024年04月

  • 国連大学との共催シンポジウム「GSDR2023とSDGs」

    慶應義塾, 三田評論 (KEIO Photo Report) , 2024年04月

  • Newsweek SDGs Awards 2023

    CCCメディアハウス, Newsweek ニューズウィーク日本版 (pp.32-35) , 2024年03月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2024年04月
    -
    継続中

    センター運営委員, 慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート KEIO SPORTS SDGsセンター

     特記事項を見る

    運営委員として、運営委員会において、本センターの円滑な運営および運営にかかわる重要事項の審議、議決を行う

  • 2023年10月
    -
    継続中

    2025年日本国際博覧会テーマウィーク「アジェンダ2025アドバイザー」, 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

  • 2023年10月
    -
    2029年09月

    日本学術会議連携会員, 日本学術会議

  • 2023年08月
    -
    2024年09月

    JF-EWC インド太平洋ネットワーク・フェローシップ アドバイザー, 独立行政法人国際交流基金

     特記事項を見る

    インド太平洋地域において、将来政策形成に参画することが期待される地域の若手専 門家を対象に研修・交流・ネットワーキングの機会を提供することにより、国際的な知的対話を促 進するとともに、地域の共通課題に協力して取り組むことのできる次世代リーダーを育成すること、 そして当該地域協力の推進に資する長期的な協力関係と関係者間のコミュニティを形成する。

  • 2023年08月
    -
    2024年09月

    「JF-EWCインド太平洋ネットワーク・フェローシップ」アドバイザー, 独立行政法人 国際交流基金

全件表示 >>