小熊 英二 (オグマ エイジ)

Oguma, Eiji

写真a

所属(所属キャンパス)

総合政策学部 歴史社会学 (湘南藤沢)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学教授(総合政策学部)

  • 2016年01月
    -
    2016年04月

    Freie Universität Berlin, Center of East Asian Studies(GEAS), Visiting Professor

  • 2014年01月
    -
    2014年04月

    El Colegio de Mexico , Center of Asian and African Studies(CEAA), Visiting Professor

  • 2005年04月
    -
    2005年06月

    Université Paris Diderot- Paris 7, SECTION D'ETUDES JAPONAISES, Visiting Professor

  • 2002年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学院政策・メディア研究科委員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月

    東京大学, 農学部, 農業生物学科

    大学, 卒業

  • 1995年03月

    東京大学, 総合文化研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1998年03月

    東京大学, 総合文化研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 学術博士, 東京大学, 課程, 1998年03月

    <日本人>の境界:周辺地域との関係において

 

著書 【 表示 / 非表示

  • A genealogy of ‘Japanese’self-images

    小熊 英二, Trans Pacific Press, 2002年05月,  ページ数: 435

  • 『<日本人>の境界―沖縄・アイヌ・台湾・朝鮮 植民地支配から復帰運動まで』

    小熊 英二, 新曜社, 1998年07月,  ページ数: 778

  • The Boundaries of 'the Japanese' vol.1: Okinawa 1818-1972, Inclusion and Exclusion

    Eiji Oguma, Trans Pacific Press, 2014年10月,  ページ数: 415

  • The Boundaries of 'the Japanese', vol.2: Korea, Taiwan and the Ainu 1868-1945

    Eiji Oguma, Trans Pacific Press, 2017年08月,  ページ数: 574

  • 日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学

    小熊英二, 講談社, 2019年07月,  ページ数: 601

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The Other “Post-1968”: A Socio-Historical Analysis of the Resurgence of the Conservatives in Japan’s Long 1960s

    Eiji Oguma

    International Quarterly for Asian Studies  52 ( 3-4 ) 229 - 252 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  2566-686X

  • Sociology of the Japanese, by the Japanese, for the Japanese: A short history of unintentional indigenization of sociology in Japan

    Oguma E.

    International Sociology (International Sociology)  36 ( 5 ) 684 - 696 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  02685809

     概要を見る

    The majority of Japanese social scientists have treated the idea of indigenization of social sciences as unrelated to them. However, sociology in Japan also has its own characteristics shaped by the structure of the Japanese society. Since long ago, Japanese sociologists have tried to analyze the unique characteristics of Japanese society and published numerous books on this subject for the Japanese public. Even their eagerness to introduce Western theories of sociology was an integral part of this effort to elucidate Japan’s ‘uniqueness’. The fact that Japan was not colonized and managed to develop an extensive domestic education/labor/language/publishing market played an important role in this predominantly domestic focus of Japanese sociology. The specific nature of the domestic public demand also contributed to this situation. Although it has been gradually changing since 2000s, this autarky resulted in a weak presence of Japanese sociology in the global academic community.

  • 「日本型」国民国家における公共性

    小熊英二

    社会学評論 (日本社会学会)  50 ( 4 ) 524 - 540 2000年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • 差別即平等:日本植民地統治思想へのフランス人種社会学の影響

    小熊英二

    歴史学研究  ( 662 ) 16 - 31 1994年09月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  08369237

  • 占領と受容:日本国憲法の制定過程とその性格

    小熊英二

    論究ジュリスト  ( 34 ) 128 - 137 2020年08月

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本映画復興奨励賞

    2016年10月, 日本映画復興会議, 受賞対象:『首相官邸の前で』

    受賞区分: その他の賞

  • 小林秀雄賞

    2015年09月, 新潮社, 受賞対象:『生きて帰ってきた男』

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 新書大賞

    2012年10月, 中央公論社, 受賞対象:『社会を変えるには』

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 義塾賞

    2011年11月, 慶應義塾大学

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 角川財団学芸賞

    2010年10月, 角川学芸財団, 受賞対象:『1968』(上)(下)

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会B

    2021年度

  • 近代思想の世界

    2021年度

  • 現代社会理論

    2021年度

  • 近代史

    2021年度

  • 修士研究会

    2021年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 朝日新聞 論壇時評執筆者

    朝日新聞社, 朝日新聞 (朝日新聞)

    2016年04月
    -
    2019年03月
  • 首相官邸の前で

    2014年05月
    -
    2015年05月

     概要を見る

    記録映画製作

  • 朝日新聞 論壇委員

    朝日新聞社, 朝日新聞, 

    2011年04月
    -
    2016年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Editorial Board Member of International Sociology Reviews , 

    2019年08月
    -
    継続中
  • 日本社会学会, 

    1994年05月
    -
    継続中