玉村 雅敏 (タマムラ マサトシ)

Tamamura, Masatoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

総合政策学部 (湘南藤沢)

職名

教授

外部リンク

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of firm-level ESG performance on creditworthiness in Japanese listed companies

    Kambe H., Tamamura M.

    International Journal of Economic Policy Studies (International Journal of Economic Policy Studies)  2022年

    ISSN  25244892

     概要を見る

    Against a backdrop of international public policies on sustainability such as SDGs, sustainable investment assets in the world stood at $30.7 trillion in 2018. In conjunction with the developing market of sustainable investment, academic research has proved that ESG performances positively affect financial performances in many cases. However, most of the previous studies have not analysed linkages between ESG performances and debt financing, nor have they targeted Asian markets. Thus, the purpose of this study is to analyse the effects of ESG performances on creditworthiness in Japanese companies. This empirical analysis used the ordered logit model where the dependent variable is S&P Credit Ratings, and the independent variables are ESG evaluations by Arabesque S-Ray. We used data for CY2019, and our final sample included 15 independent variables for 63 observations: 945 items were under the analysis. In result, we found that ESG total performance and governance performance positively affect a company’s creditworthiness, whilst there were no significant results concerning social and environmental performance. Therefore, business companies should consider improving governance performance for better credit ratings and financial institutions should consider governance performance in credit analysis. We also found that the effects of ESG total performance may change depending on whether ESG evaluations are based on financially material ESG issues, and that the effects of ESG total performance and pillar performances (environment, social, and governance, respectively) may differ. ESG evaluation agencies are recommended to disclose pillar performance evaluations with details of methodology for investors to consider ESG evaluations in investment decisions.

  • 木曜隔週連載 自治体経営の生産性改革(36・完)「生産性改革の時代」の自治体経営 : 持続的な改善や試行錯誤を促す経営システムの構築

    玉村 雅敏, 長瀬 光市

    地方行政 10714   14-17 2017年04月

  • スポーツの街づくりと地域活性化の成果と課題 : 秋田県能代市「バスケの街づくり」を事例に (健康・文化・スポーツと地方創生 : 2020東京オリンピック・パラリンピック、2021関西ワールドマスターズゲームズが創る日本のレジェンド)

    玉村 雅敏岩月 基洋 , 松橋 崇史

    地域活性学会研究大会論文集 , -, 7   339 - 342 2015年09月

  • コ・モビリティ社会とコミュニティ科学''まちなか''のインフラとしてのコミュニティ社会基盤

    玉村雅敏, 高橋武俊, 松橋敬史, 中橋勇一

    Estrela  ( 191 ) 8-13 2010年02月

    ISSN  1343-5647

  • 都道府県レベルのための学力テスト分析システム:デザイン・開発・実施運用

    木幡敬史, 図子泰三, 森薫, 玉村雅敏, 金子郁容

    日本教育工学会論文誌 31 ( Suppl. ) 169-172 2008年02月

    ISSN  1349-8290

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

受賞 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会第58回デジタルドキュメント・第34回電子化知的財産・社会基盤合同研究発表会 「情報社会のデザイン」シンポジウム優秀論文賞

    久保裕也, 玉村雅敏, 木幡敬史, 金子郁容, 2006年12月, 学校行政へのオープンソース概念の適用 - Shared Questionnaire System によるカイゼン支援 -

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • コラボレーション技法ワークショップ

    2022年度

  • 個益・公益のデザイン

    2022年度

  • 特別研究プロジェクトA

    2022年度

  • ソーシャルマーケティング

    2022年度

  • 社会起業論

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • ソーシャルマーケティング

    慶應義塾

    2022年04月
    -
    2023年03月

  • 個益・公益のデザイン

    慶應義塾

    2022年04月
    -
    2023年03月

  • 社会起業論

    慶應義塾

    2022年04月
    -
    2023年03月

  • 修士研究会

    慶應義塾

    2021年04月
    -
    2022年03月

  • ソーシャルビジネスの商品開発とプロモーション

    慶應義塾

    2021年04月
    -
    2022年03月

全件表示 >>