玉村 雅敏 (タマムラ マサトシ)

Tamamura, Masatoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

総合政策学部 (湘南藤沢)

職名

教授

外部リンク

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ソーシャルパワーの時代 : 「つながりのチカラ」が革新する企業と地域の価値共創 (CSV) 戦略

    玉村 雅敏編著, 東京 : 産学社, 2016年07月

  • 東川スタイル : 人口8000人のまちが共創する未来の価値基準

    玉村 雅敏小島敏明編著 ; 吉田真緒, 東京 : 産学社,, 2016年03月

  • 社会イノベーションの科学 : 政策マーケティング・SROI・討論型世論調査

    玉村 雅敏, 東京 : 勁草書房, 2014年12月

  • ソーシャルインパクト : 価値共創 (CSV) が企業・ビジネス・働き方を変える

    玉村 雅敏横田浩一, 上木原弘修, 池本修悟, 東京 : 産学社, 2014年07月

  • 総合計画の新潮流 : 自治体経営を支えるトータル・システムの構築

    玉村 雅敏, [東京] : 公人の友社, 2014年07月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of firm-level ESG performance on creditworthiness in Japanese listed companies

    Kambe H., Tamamura M.

    International Journal of Economic Policy Studies (International Journal of Economic Policy Studies)  16 ( 2 ) 465 - 489 2022年

    ISSN  25244892

     概要を見る

    Against a backdrop of international public policies on sustainability such as SDGs, sustainable investment assets in the world stood at $30.7 trillion in 2018. In conjunction with the developing market of sustainable investment, academic research has proved that ESG performances positively affect financial performances in many cases. However, most of the previous studies have not analysed linkages between ESG performances and debt financing, nor have they targeted Asian markets. Thus, the purpose of this study is to analyse the effects of ESG performances on creditworthiness in Japanese companies. This empirical analysis used the ordered logit model where the dependent variable is S&P Credit Ratings, and the independent variables are ESG evaluations by Arabesque S-Ray. We used data for CY2019, and our final sample included 15 independent variables for 63 observations: 945 items were under the analysis. In result, we found that ESG total performance and governance performance positively affect a company’s creditworthiness, whilst there were no significant results concerning social and environmental performance. Therefore, business companies should consider improving governance performance for better credit ratings and financial institutions should consider governance performance in credit analysis. We also found that the effects of ESG total performance may change depending on whether ESG evaluations are based on financially material ESG issues, and that the effects of ESG total performance and pillar performances (environment, social, and governance, respectively) may differ. ESG evaluation agencies are recommended to disclose pillar performance evaluations with details of methodology for investors to consider ESG evaluations in investment decisions.

  • 過疎地域で域外大学生による地域の一員としての活動を促すコミュニティ型居住モデルの実証: 鳥取県大山町における 「週末住人プログラム」 の実践から

    松浦生, 稲垣円, 玉村雅敏

    地域活性研究= Journal of the Japan Association of Regional Development and … 2021年

  • 総合計画の実効性確保: 自治体経営の生産性向上を支援するシステム構築

    玉村雅敏

    ガバナンス/ぎょうせい 編, 20-22 2021年

  • 座談会 地域の可能性を育む自分らしい移住

    大南信也

    三田評論, 10-26 2021年

  • プログラム評価の一類型としての 「社会的インパクト評価」 の課題と可能性

    伊藤健, 玉村雅敏, 植野準太

    日本評価研究= Japanese journal of evaluation studies/日本評価学会 編 21 (2 … 2021年

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

受賞 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会第58回デジタルドキュメント・第34回電子化知的財産・社会基盤合同研究発表会 「情報社会のデザイン」シンポジウム優秀論文賞

    久保裕也, 玉村雅敏, 木幡敬史, 金子郁容, 2006年12月, 学校行政へのオープンソース概念の適用 - Shared Questionnaire System によるカイゼン支援 -

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • コラボレーション技法ワークショップ

    2023年度

  • 個益・公益のデザイン

    2023年度

  • 特別研究プロジェクトA

    2023年度

  • ソーシャルマーケティング

    2023年度

  • 社会起業論

    2023年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 社会起業論

    慶應義塾

    2023年04月
    -
    2024年03月

  • コラボレーション技法ワークショップ

    慶應義塾

    2023年04月
    -
    2024年03月

  • 個益・公益のデザイン

    慶應義塾

    2023年04月
    -
    2024年03月

  • ソーシャルマーケティング

    慶應義塾

    2022年04月
    -
    2023年03月

  • 社会起業論

    慶應義塾

    2022年04月
    -
    2023年03月

全件表示 >>