仲谷 正史 (ナカタニ マサシ)

Nakatani, Masashi

写真a

所属(所属キャンパス)

環境情報学部 (湘南藤沢)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 触覚研究者。 2007年、Harvard University Division of Engineering Applied SciencesにてResearch Assistantを経た後、2008年に東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。同年、民間企業において触感評価技術の開発に従事。2009年より慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科リサーチャーを兼任。2012年4月より、日本学術振興会・特別研究員(SPD)として慶應義塾大学大学院 システムデザインマネジメント研究科・訪問研究員。2012年8月より、共同研究先であるColumbia University Medical CenterにてPostdoctoral Research Fellow。Fishbone Tactile Illusionを心理学・工学の観点から評価した研究を発展させ、メルケル細胞の生理学研究に従事。2015年度はJST-ACCELプロジェクト「触原色に立脚した身体性メディア技術の基盤構築と応用展開」の特任研究員として参画。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科にて特任准教授(非常勤)。2016年6月より北海道大学電子科学研究所学術研究員。2016年12月よりJSTさきがけ研究者(領域:社会と調和した情報基盤技術の構築)。2017年4月より現職。 教務・学務の傍ら、2007年に立ち上げたTECHTILEの活動を通じ、触れることを起点とする価値づくりやその社会展開・普及に携わる。共著書として『触楽入門』(朝日出版社)、『触感をつくる――《テクタイル》という考え方』(岩波科学ライブラリー)を執筆する。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 触覚研究者。
    東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。2008年、民間企業において触感評価技術の開発に従事。2012年4月より、日本学術振興会・特別研究員(SPD)として慶應義塾大学大学院 システムデザインマネジメント研究科・訪問研究員。2012年8月より、共同研究先であるColumbia University Medical CenterにてPostdoctoral Research Fellow。Fishbone Tactile Illusionを心理学・工学の観点から評価した研究を発展させ、メルケル細胞の生理学研究に従事。2016年12月よりJSTさきがけ研究者(領域:社会と調和した情報基盤技術の構築)。2017年4月より現職。

    教務・学務の傍ら、2007年に立ち上げたTECHTILEの活動を通じ、触れることを起点とする価値づくりやその社会展開・普及に携わる。共著書として『触楽入門』(朝日出版社)、『触感をつくる――《テクタイル》という考え方』(岩波科学ライブラリー)を執筆する。

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報理工学), 東京大学, 課程, 2008年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 知覚情報処理 (触覚科学)

  • 皮膚科学 (皮膚感覚と機械受容器)

  • 知覚情報処理 (触覚センサ)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 触覚の科学と技術

  • 計測工学

  • 末梢神経科学

  • 知覚心理学

  • 錯触覚

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 『触楽入門-はじめて世界に触れるときのように』

    仲谷 正史テクタイル;筧康明;三原聡一郎;南澤孝太, 朝日出版社, 2016年01月

  • Pervasive Haptics, Chapter 12 (TECHTILE workshop for creating haptic content)

    Masashi Nakatani, Yasuaki Kakehi, Soichiro Mihara, Kouta Minamizawa, Susumu Tachi, Springer, 2016年01月

  • 触覚認識メカニズムと応用技術-触覚センサ・触覚ディスプレイ-【増補版】

    仲谷正史,他(下条誠、前野隆司 他 編), S&T出版, 2014年03月

  • 触感をつくる――《テクタイル》という考え方

    仲谷正史, 筧康明, 白土寛和, 岩波科学ライブラリー, 2011年12月

  • 心理学研究法1 感覚・知覚

    仲谷正史,他(村上郁也編), 誠信書房, 2011年09月

論文 【 表示 / 非表示

  • EXPRESS: Dark, loud, and compact sounds induce frisson

    Takuya Koumura, Masashi Nakatani, Hsin-I Liao, Hirohito M Kondo

    Quarterly Journal of Experimental Psychology 2020年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    Frisson is characterized by tingling and tickling sensations with positive or negative feelings. However, it is still unknown what factors affect the intensity of frisson. We conducted experiments on the stimulus characteristics and individual's mood states and personality traits. Participants filled out self-reported questionnaires, including the Profile of Mood States, Beck Depression Inventory, and Big Five Inventory. They continuously indicated the subjective intensity of frisson throughout a 17-min experiment while listening to binaural brushing and tapping sounds through headphones. In the interviews after the experiments, participants reported that tingling and tickling sensations mainly originated on their ears, neck, shoulders, and back. Cross-correlation results showed that the intensity of frisson was closely linked to the acoustic features of auditory stimuli, including their amplitude, spectral centroid, and spectral bandwidth. This suggests that proximal sounds with dark and compact timbre trigger frisson. The peak of correlation between frisson and the acoustic feature was observed 2 s after the acoustic feature changed, suggesting that bottom-up auditory inputs modulate skin-related modalities. We also found that participants with anxiety were sensitive to frisson. Our results provide important clues to understanding the mechanisms of auditory-somatosensory interactions.

    Keywords: autonomous sensory meridian response (ASMR); frisson; hearing; interaural level difference; proximal space; somatosensory.

  • Sensory words may facilitate certain haptic exploratory procedures in facial cosmetics

    Naomi Arakawa, Tomoko Watanabe, Kyoko Fukushima, Masashi Nakatani

    International Journal of Cosmetic Science 2020年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    Objective: Many people want to have healthy facial skin. They tend to check their skin's condition by touching their face with their hands. In the cosmetic industry, we need to understand what consumers are perceiving in a tactile sense when touching their own facial skin. The purpose of this study was to investigate these observation methods in order to systematically understand people's haptic exploratory procedures (HEPs).

    Methods: Thirty-four participants living in the US and twenty-two participants living in Japan freely explored their faces and answered which side felt more closely related to the six tactile adjectives. A new analysis was applied to classify the observed HEPs into six classifications within two categories and three sizes of contact area by experts.

    Result: It was confirmed that the new task was useful to observe the HEPs for participants from US and Japan. The US participants' HEPs for "moisturized" were mainly a middle-sized contact area using a stroking motion. On the other hand, Japanese participants' HEPs for "moisturized" ("shittori" in Japanese) mainly used a pushing movement. Moreover, the US participants' HEPs for "soft" included both pushing and stroking, but Japanese participants HEPs for "soft" ("yawarakai" in Japanese) were again mainly pushing.

    Conclusion: This study suggests that the proposed analysis method enables the systematic understanding of HEPs when checking the skin, along with the cross-cultural differences affecting those procedures. These systematic findings could allow cosmetic formulators to have a better understanding of the tactile sensations consumers themselves are feeling in a variety of different global markets.

    Keywords: cosmetic cultures; effectiveness of products; hand movement; haptic exploratory procedures; sensory evaluation; sensory words.

  • Comprehensive analysis of elemental distribution in human skin using laser ablation inductively coupled plasma mass spectrometry

    Shinobu Nakanishi, Rie Kamezono, Masashi Nakatani, Mitsuhiro Denda

    Skin Research and Technology 2020年10月

    研究論文(学術雑誌)

  • Architected Materialを用いた感性ベースの構造デザイン手法─カスタムインソールの3Dディジタル設計に向けて─

    森田 淳, 小松 敏, 光部 貴士, 中村 和洋, 川瀬 領治, 仲谷 正史, 田中 浩也

    デジタルプラクティス 11 ( 2 ) 434 - 455 2020年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Proximal Binaural Sound Can Induce Subjective Frisson

    Honda S., Ishikawa Y., Konno R., Imai E., Nomiyama N., Sakurada K., Koumura T., Kondo H.M., Furukawa S., Fujii S., Nakatani M.

    Frontiers in Psychology (Frontiers in Psychology)  11 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1664-1078

     概要を見る

    © Copyright © 2020 Honda, Ishikawa, Konno, Imai, Nomiyama, Sakurada, Koumura, Kondo, Furukawa, Fujii and Nakatani. Auditory frisson is the experience of feeling of cold or shivering related to sound in the absence of a physical cold stimulus. Multiple examples of frisson-inducing sounds have been reported, but the mechanism of auditory frisson remains elusive. Typical frisson-inducing sounds may contain a looming effect, in which a sound appears to approach the listener's peripersonal space. Previous studies on sound in peripersonal space have provided objective measurements of sound-inducing effects, but few have investigated the subjective experience of frisson-inducing sounds. Here we explored whether it is possible to produce subjective feelings of frisson by moving a noise sound (white noise, rolling beads noise, or frictional noise produced by rubbing a plastic bag) stimulus around a listener's head. Our results demonstrated that sound-induced frisson can be experienced stronger when auditory stimuli are rotated around the head (binaural moving sounds) than the one without the rotation (monaural static sounds), regardless of the source of the noise sound. Pearson's correlation analysis showed that several acoustic features of auditory stimuli, such as variance of interaural level difference (ILD), loudness, and sharpness, were correlated with the magnitude of subjective frisson. We had also observed that the subjective feelings of frisson by moving a musical sound had increased comparing with a static musical sound.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 3Dプリンタ技術を利用した触感研究の動向

    仲谷正史, 田中浩也

    高分子 67 ( 10 ) 585 - 587 2018年10月

    共著

  • 体性感覚に訴える立体音響体験 臨場感を「立体音響と触覚性」から語る

    仲谷正史

    Japanese Journal of Sensory Evaluation 2018 22 ( 1 ) 1 - 4 2018年04月

  • Mammalian mechanoreception

    Y Moayedi, M Nakatani, E Lumpkin

    Scholarpedia of Touch, 423-435  2016年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • Mechanotransduction in epidermal Merkel cells

    Masashi Nakatani, Srdjan Maksimovic, Yoshichika Baba, Ellen A. Lumpkin

    Pflügers Archiv - European Journal of Physiology  467 ( 1 ) 101 - 108 2014年07月

    共著

  • 触感を測る 第4回 触り方と触感の関係を明らかにする

    仲谷正史

    人間生活工学 15 ( 1 ) 10 - 13 2014年03月

    単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Both spatial and temporal patterns of sensory afferents activity may explain the geometric perception in the fishbone tactile illusion

    Masashi Nakatani, Masaaki Uesaka, Sayako Mogami, Zixia Zhao, Takamichi Sushida, Hiroyuki Kitahata, Masaharu Nagayama

    Neuroscience 2019, Nanosymposium No. 10569, 2019年10月, 口頭(一般)

  • Guiding Attention with Tactile Feedback

    Kazuki Sakurada and Masashi Nakatani

    World Haptics Conference 2019, Work-in-Progress, WP1P.13., 2019年07月

  • The Thermal Feedback Influencer: Wearable Thermal Display for Enhancing the Experience of Music Listening

    Yuri Ishikawa, Anzu Kawazoe, George Chernyshov, Shinya Fujii, and Masashi Nakatani

    In Proceedings of AsiaHaptics 2018, https://doi.org/10.1007/978-981-13-3194-7_36, 2018年11月

  • Baby Touch: quantifying visual-haptic exploratory behaviors in infants of sensory-motor development

    Kazuki Sakurada, Akari Oka, Ritsuko Kiso, Leina Shimabukuro, Aoba Ueno, Masashi Nakatani

    In Proceedings of AsiaHaptics 2018, https://doi.org/10.1007/978-981-13-3194-7_55, 2018年11月

  • 3Dプリンタ技術を利用した触り心地の研究

    仲谷正史

    Conference on 4D and Functional Printing 2018, 2018年10月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 安心感の醸成と孤独感の低減をめざすEmotional Reality情報技術の確立

    2016年12月
    -
    2020年03月

    受託研究,  代表

  • 身体や情動に訴えかけるセンシュアルな音響質感メディアの研究

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 仲谷 正史, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  代表

  • マシンビジョンを活用した乳幼児の視触探査行動の定量化と保育環境評価手法の開発

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 仲谷 正史, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 生体触覚センサの神経生理学的な外界刺激受容特性に基づいた新規触覚センサの開発

    2012年04月
    -
    2015年03月

    特別研究員奨励費, 仲谷 正史, その他,  代表

  • 触覚情報取得原理の解明およびそれを利用した次世代視触覚融合型ディスプレイの研究

    2005年04月
    -
    2008年03月

    特別研究員奨励費, 仲谷 正史, その他,  代表

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 情報処理装置、システム、物体の製造方法、情報処理方法、及びプログラム

    特願: 特願2019-185354  2019年10月 

    特開: 特開2020-059278  2019年10月 

    特許, 共同

  • 触覚情報変換装置、触覚情報変換方法、および、触覚情報変換プログラム

    特願: 特願2018-510679  2017年04月 

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 触覚情報変換装置、触覚情報変換方法、および、触覚情報変換プログラム、並びに、素子配置構造体

    特願: 特願2018-510680  2017年04月 

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 触覚呈示システム、触覚呈示方法、および 触覚呈示プログラム

    特願: 特願2017-555171  2016年12月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 形状記憶合金を用いた3次元形状ディスプレイ

    特許, 共同, 国内出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第21回計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 優秀講演賞

    岡崎大祐、淺野義弘、仲谷正史、田中浩也, 2020年12月, 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門, 優秀講演賞

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • AsiaHaptics Gold Award

    2016年11月, Asia Haptics 2016

  • 日本バーチャルリアリティ学会論文賞

    2015年09月, 日本バーチャルリアリティ学会

  • 部門技術業績賞

    2014年12月, (社) 計測自動制御学会

  • グッドデザイン賞2012

    2012年10月, 公益財団法人 日本デザイン振興会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 触覚と社会

    2021年度

  • 研究会B

    2021年度

  • 数理モデル

    2021年度

  • 修士研究会

    2021年度

  • 特別研究

    2021年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 北米神経科学会, 

    2011年01月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年07月
    -
    2021年06月

    Vice Chair for Workshops and Tutorials, Technical Committee on Haptics

  • 2011年07月
    -
    2018年06月

    Vice Chair for Public Relations, Technical Committee on Haptics

  • 2011年04月
    -
    2013年12月

    Organizer, Tactile Research Group

  • 2010年01月
    -
    2012年03月

    日本バーチャルリアリティ学会 力触覚の提示と計算研究委員会 幹事

  • 2007年10月
    -
    2009年12月

    日本バーチャルリアリティ学会 触覚デザイン研究委員会 幹事