鈴木 小夜 (スズキ サヨ)

Suzuki, Sayo

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 (芝共立)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 , 教授

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾大学, 薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門, 准教授

  • 2010年01月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 薬学部医療薬学センター, 専任講師

  • 2009年04月
    -
    2009年12月

    慶應義塾大学, 医学部臨床薬剤学講座, 助教

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学, 医学部薬剤部, 助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  •  

    京都大学, 薬学部, 薬学科

    大学, 卒業

  •  

    京都大学, 薬学研究科

    大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 薬学修士, 京都大学, 課程

    ラットにおけるCisplatinの腎排泄挙動と毒性

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 論文, 2013年10月

    S100A10 protein expression is associated with oxaliplatin sensitivity in human colorectal cancer cells.

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許, 1989年

  • 高等学校教諭二級普通免許(理科), 1989年

  • 高等学校教諭専修免許(理科), 1991年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 医療薬学 (医療薬学/個別化医療)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 個別化治療

  • 医学・薬学教育

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療指針 2022年度版

    谷川原祐介,鈴木 小夜., 医学書院,東京, 2022年01月

    担当範囲: 薬物治療モニタリング(TDM)

  • 今日の臨床サポート 改訂第4版

    清宮 啓介, 鈴木 小夜, エルゼビア・ジャパン株式会社, 2021年04月

    担当範囲: 小児薬用量の考え方と小児薬物療法における注意点(小児科)

  • 今日の臨床サポート 改訂第4版

    西村 あや子, 鈴木 小夜, エルゼビア・ジャパン株式会社, 2021年02月

    担当範囲: 授乳婦への薬物投与

  • 今日のOTC薬 -解説と便覧- (改訂第5版)

    鈴木 小夜, 南江堂, 東京, 2021年02月,  ページ数: 689

    担当範囲: 26. 強心薬,  担当ページ: 486-493

  • 今日のOTC薬 -解説と便覧-(改訂第5版)

    鈴木 小夜, 南江堂, 東京, 2021年02月,  ページ数: 689

    担当範囲: 17. やけど用薬,  担当ページ: 390-397

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Design, Synthesis, and Monoamine Oxidase B Selective Inhibitory Activity of N-Arylated Heliamine Analogues.

    Yamada Makito, Hirose Yu, Lin Bangzhong, Fujimoto Megumi, Nunomura Kazuto, Sirimangkalakitti Natchanun, Takahashi Naoyuki, Ohki, Yuuta, Sako Makoto, Murai Kenichi, Harada Kazuo, Arai Masayoshi, Suzuki Sayo, Nakamura Tomonori, Haruta Junichi, Arisawa Mitsuhiro.

    ACS Medicinal Chemistry Letters 2022年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Simultaneous quantification of dasatinib, nilotinib, bosutinib, and ponatinib using high-performance liquid chromatography–Photodiode array detection

    Yokoyama Y., Nozawa E., Morita M., Ishikawa E., Mori T., Sakurai M., Kikuchi T., Matsuki E., Yamazaki R., Kataoka K., Jibiki A., Kawazoe H., Suzuki S., Nakamura T.

    Journal of Clinical Laboratory Analysis (Journal of Clinical Laboratory Analysis)     e24598 2022年07月

    ISSN  08878013

     概要を見る

    Background: Dasatinib, nilotinib, and bosutinib, second-generation tyrosine kinase inhibitors (TKIs), and ponatinib, a third-generation TKI, are approved pharmaceuticals used in the treatment of chronic myeloid leukemia (CML). Although liquid chromatography-tandem mass spectrometry assays for simultaneous quantification of the four TKIs in human serum have been reported in the literature, a high-performance liquid chromatography (HPLC) assay that simultaneously quantifies these compounds has not yet been developed. This study aims to establish and validate an efficient HPLC analytical method using a photodiode array (PDA) detector for the simultaneous quantification of the four TKIs. Methods: Calibration standards were prepared by serial dilution of serum samples containing the four TKIs, followed by solid-phase extraction. The four TKIs were eluted in order within 10 min using a binary HPLC gradient system. Results: The calibration ranges were 2–500 ng/ml for dasatinib, 100–5000 ng/ml for nilotinib, and 10–500 ng/ml for bosutinib and ponatinib. Intra-day and inter-day precision and accuracy values were found to be in accordance with the U.S. Food and Drug Administration guidelines. The recovery rates were 92.9%–96.0%, 80.7%–86.1%, 91.6%–99.0%, and 86.4%–92.6% for dasatinib, nilotinib, bosutinib, and ponatinib, respectively. Conclusion: To the best of our knowledge, this is the first report of an HPLC-PDA analytical method that allows efficient simultaneous quantification of the four TKIs in the serum of patients with CML. We believe that the method developed herein can improve the efficiency of therapeutic drug monitoring in patients with CML in clinical practice.

  • Development and validation of a new liquid chromatography-tandem mass spectrometry assay for the simultaneous quantification of afatinib, dacomitinib, osimertinib, and the active metabolites of osimertinib in human serum.

    Ishikawa E, Yokoyama Y, Chishima H, Kuniyoshi O, Sato I, Nakaya N, Nakajima H, Kimura M, Hakamata J, Suehiro N, Nakada H, Ikemura S, Jibiki A, Kawazoe H, Muramatsu H, Suzuki S, Nakamura T

    Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences 1199   123245 2022年05月

    査読有り,  ISSN  1570-0232

     概要を見る

    Reports on the therapeutic drug monitoring (TDM) of second- and third-generation epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors (EGFR-TKIs) in non-small cell lung cancer patients are limited and are required to improve the safety of EGFR-TKI therapy. Some EGFR-TKIs have active metabolites with similar or higher potency compared with the parent compounds; thus, monitoring the parent compound as well as its active metabolites is essential for truly effective TDM. In this study, we developed and validated a method that simultaneously quantifies second- and third-generation EGFR-TKIs (afatinib, dacomitinib, and osimertinib) and the active metabolites of osimertinib, AZ5104 and AZ7550, in the human serum using liquid chromatography-tandem mass spectrometry (LC-MS/MS). The clinical application of the method was also evaluated. The analytes were extracted from a 100 μL serum sample using a simple protein precipitation method and analyzed using LC-MS/MS. Excellent linearity of calibration curves was observed at ranges of 2.5–125.0 ng/mL for afatinib, 2.5–125.0 ng/mL for dacomitinib, 4.0–800.0 ng/mL for osimertinib, 1.0–125.0 ng/mL for AZ5104, and 2.5–125.0 ng/mL for AZ7550. The precision and accuracy were below 14.9% and within ± 14.9% of the nominal concentrations, respectively. The mean recovery was higher than 94.7% and the coefficient of variation (CV) was lower than 8.3%. The mean internal-standard normalized matrix factors ranged from 94.6 to 111.9%, and the CVs were lower than 9.7%. This analytical method met the acceptance criteria of the U.S. Food and Drug Administration guidelines. The method was also successfully applied to the analysis of 45 clinical samples; it supports the efficient and valuable analysis for TDM investigations of EGFR-TKIs.

  • Prognostic Value of Baseline Medications Plus Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio in the Effectiveness of Nivolumab and Pembrolizumab in Patients With Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer: A Retrospective Study.

    Ogiwara T, Kawazoe H, Egami S, Hashimoto H, Saito Y, Sakiyama N, Ohe Y, Yamaguchi M, Furukawa T, Hara A, Hiraga Y, Jibiki A, Yokoyama Y, Suzuki S, Nakamura T

    Frontiers in oncology (Frontiers in Oncology)  11   770268 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Background: Nivolumab and pembrolizumab are the standard treatments for patients with advanced non-small-cell lung cancer (NSCLC). While there are reports on several inflammatory indices and the prognosis of patients with cancer, no study has combined baseline medication with the neutrophil-to-lymphocyte ratio (NLR) to predict clinical outcomes. This study investigated the efficacy of baseline medications plus NLR to predict the effectiveness of nivolumab and pembrolizumab in a real-world clinical setting. Methods: We conducted a single-center retrospective observational study of consecutive patients with advanced NSCLC who received nivolumab or pembrolizumab as first-line, second-line, or beyond treatment between December 2015 and November 2018 at the National Cancer Center Hospital in Japan. Progression-free survival (PFS) and overall survival (OS) were estimated using the Kaplan–Meier method. The drug-based prognostic score for baseline medications plus NLR was weighed based on the regression β coefficients. The multivariable Cox proportional hazard model was used to assess the association between the prognostic score-stratified groups and survival outcomes. Results: In total, 259 patients were evaluated in this study. A prognostic score calculated from the baseline medications plus NLR was used to categorize the patients into good (score 0), intermediate (scores 1–2), and poor (scores 3–6) -prognosis groups. The multivariable Cox proportional hazard model revealed a significant association between the poor-prognosis group and reduced OS. The hazard ratio of OS was 1.75 (95% confidence interval: 1.07–2.99; P = 0.031). In contrast, no association between these prognosis groups and PFS was observed. Conclusions: The findings suggest that the baseline medications with nivolumab or pembrolizumab plus NLR could lead to progressively shorter survival outcomes in patients with advanced NSCLC and could be used as a prognostic index for poor outcomes. However, to ascertain the clinical application of these findings, these concomitant medications need further validation in a large-scale multicenter study.

  • 薬学教育モデル・コアカリキュラムに基づく実務実習におけるルーブリック形式の概略評価は実習生のパフォーマンスレベルを測定できるか?

    河添仁,鈴木小夜,平賀ゆい,横山雄太,地引綾,岩田紘樹,小林典子,藤本和子,中田英夫,青森達,山浦克典,中村智徳.

    医療薬学 ((一社)日本医療薬学会)  47 ( 9 ) 513 - 524 2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 責任著者, 査読有り,  ISSN  1346-342X

     概要を見る

    2019年度の5年次生144名を対象として、「薬学教育モデル・コアカリキュラム(平成25年度改訂版)」(改訂コアカリ)に準拠した薬局、病院実習におけるそれぞれの到達度の推移と、最終到達度(到達したパフォーマンスレベル)について、ルーブリック形式の概略評価スコアの総和を用いて評価し、指導薬剤師による他者評価と実習生の自己評価の相関性について検討した。その結果、薬局、病院実習とも、実習の進捗に伴って他者評価と自己評価は段階的に上昇し、すべての評価項目において各実習終了時の最終到達度は実習前期と比べて有意に上昇した。また、薬局、病院実習とも指導薬剤師と実習生の最終到達度の間に強い相関性を認めたが、「薬局実習」と「病院実習」との相関性は低かった。改訂コアカリに基づく薬局、病院実習において、実務実習生のパフォーマンスレベルはルーブリック形式の概略評価で測定可能である。

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • N-Arylsalsolinol誘導体の設計・合成・機能性評価 生成物選択的リガンドフリーBuchwald-Hartwig反応による合成

    山田 真希人, 林 邦忠, 文元 めぐみ, 鈴木 小夜, 布村 一人, Natchanun Sirimungkalakiti, 高橋 直行, 大木 裕太, 佐古 真, 村井 健一, 原田 和生, 荒井 雅吉, 中村 智徳, 春田 純一, 有澤 光弘

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  142年会   26C - pm08S 2022年03月

    ISSN  0918-9823

  • 【明日から使える免疫関連有害事象マネジメント 〜免疫チェックポイント阻害薬の看護ケア〜】免疫チェックポイント阻害薬の薬物動態を知る くすりを知ればケアがよくなる 免疫チェックポイント阻害薬の体内動態と有効性/毒性との関係

    鈴木 小夜, 中村 智徳

    がん看護 ((株)南江堂)  27 ( 2 ) 206 - 212 2022年02月

    ISSN  1342-0569

     概要を見る

    <文献概要>はじめに 免疫チェックポイント阻害薬(ICI)は使用実績も浅く,体内動態への影響要因や有効性や毒性との関連についてはいまだ不明な点も多いが,現時点での各ICIの体内動態の特徴,体内動態や曝露量(血中濃度)と反応性(有効性/毒性)についてまとめた(表1).体内動態および用量-反応曲線(E-R相関)の基本的な考え方については前稿を参照いただきたい.

  • 【明日から使える免疫関連有害事象マネジメント 〜免疫チェックポイント阻害薬の看護ケア〜】免疫チェックポイント阻害薬の薬物動態を知る くすりを知ればケアがよくなる 一般的な薬物と免疫チェックポイント阻害薬の体内動態 薬物は体内でどのような運命をたどって効果を発揮し体内から消失していくのか

    鈴木 小夜, 中村 智徳

    がん看護 ((株)南江堂)  27 ( 2 ) 200 - 205 2022年02月

    ISSN  1342-0569

     概要を見る

    <文献概要>はじめに 分子標的治療薬の一種である免疫チェックポイント阻害薬(ICI)によるがん治療は,薬物療法であると同時に免疫療法にも位置付けられ(図1),従来の細胞障害性抗がん薬とは治療戦略も体内動態も大きく異なる.がん細胞表面のPD-L1(programmed cell death-ligand 1),がん細胞を攻撃する細胞傷害性T細胞表面のPD-1(programmed cell death-1),CTLA-4(cytotoxic T-lymphocyte-associated protein 4)という,いずれもT細胞の攻撃力を弱める作用をもつ免疫チェックポイント分子をブロックして免疫力を強めるのがICIであり,具体的には抗PD-L1抗体,抗PD-1抗体,抗CTLA-4抗体である(図2).標的分子と結合する抗体薬であることがICIの体内動態を特徴づける.本稿では一般的な薬物体内動態の基本概念をベースにICIの体内動態および有効性や毒性との関係などについて概説する.

  • LC-MS/MSを用いた第二、三世代EGFR-TKI未変化体及び活性代謝物の血清中濃度同時測定法の構築と臨床に向けた検討

    石川 恵海, 横山 雄太, 千島 陽奈, 国吉 央城, 佐藤 到, 中谷 直喜, 中島 日出夫, 木村 元範, 袴田 潤, 末廣 直哉, 中田 英夫, 池村 辰之介, 平賀 ゆい, 地引 綾, 河添 仁, 村松 博, 鈴木 小夜, 中村 智徳

    TDM研究 ((一社)日本TDM学会)  38 ( 2 ) 187 - 187 2021年05月

    ISSN  0911-1026

  • 慢性骨髄性白血病に対するチロシンキナーゼ阻害薬4剤のHPLC-PDAを用いた血清中濃度同時測定法の構築と臨床応用に向けた検討

    横山 雄太, 野澤 英士, 森田 美帆, 石川 恵海, 森 毅彦, 櫻井 政寿, 菊池 拓, 松木 絵里, 山崎 理絵, 平賀 ゆい, 地引 綾, 河添 仁, 鈴木 小夜, 中村 智徳

    TDM研究 ((一社)日本TDM学会)  38 ( 2 ) 177 - 177 2021年05月

    ISSN  0911-1026

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 効果的な薬物治療とヘルスサイエンス向上を目指した新規モバイル・ヘルス関連アプリケーション開発に向けた現状調査(2).

    斉藤将志,福 一玄,鈴木小夜,横山雄太,地引綾,河添仁,中村智徳.

    第32回日本医療薬学会年会 (高崎) , 

    2022年09月

    口頭発表(一般), 日本医療薬学会

  • ESBL産生腸内細菌科細菌に対する血液透析患者の遊離形CMZ濃度を用いたPK/PDに基づく最適投与法の評価.

    並木孝哉, 横山雄太, 枦 秀樹, 地引綾, 河添 仁, 松元一明, 鈴木小夜, 中村智徳.

    第32回日本医療薬学会年会 (高崎) , 

    2022年09月

    口頭発表(一般), 日本医療薬学会

  • 抗肥満作用を有する漢方薬の薬効と 腸内細菌叢構成の関連性の検討.

    3. 仲道公輔,地引綾,横山雄太,河添仁,鈴木小夜,吉野鉄大,渡辺賢治,秋山雅博,金 倫基,中村智徳.

    第3回和漢医薬学会若手研究者フォーラム (東京) , 

    2022年08月

    口頭発表(一般), 一般社団法人 和漢医薬学会

  • COVID-19パンデミック下での実務実習は薬局実務実習生のプロフェッショナリズムに影響をもたらしたのか.

    松野昂樹,鈴木小夜,牧山大輝,地引綾,横山雄太,河添仁,中村智徳

    第7回日本薬学教育学会大会 (東京) , 

    2022年08月

    口頭発表(一般), 日本薬学教育学会

  • Application of the Professionalism Mini-Evaluation Exercise (P-MEX) for Assessing Japanese Students’ Medical Professionalism during Pharmacy Practice Experience (PPE) - Current Situation and Issues -

    Sayo Suzuki

    The10th Asian Association of Schools of Pharmacy (AASP) conference (AASP 2022) (Malaysia) , 

    2022年07月

    口頭発表(招待・特別), The Asian Association of Schools of Pharmacy

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • スペシャルポピュレーションの抗がん剤感受性:血中胆汁酸上昇の影響とメカニズム解析

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 鈴木 小夜 、中村 智徳, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    個々の患者の薬剤反応性に基づく治療の個別化は、がんの治療成績向上、患者の生活の質向上に不可欠である。本研究では、近年、がん細胞の生存と遺伝子レベルでの関わりが注目されている胆汁酸に着目し、例えば肝機能障害など血液中の胆汁酸が上昇するような病態が、がん細胞の増殖や抗がん剤反応性に与える影響、そのメカニズムについてがん細胞やがん細胞移植動物を用いて検討する。これにより、患者個々の病態に合わせた適切な抗がん剤の選択、効果的かつ安全ながん薬物治療の実現を目的とする。

  • がん化学療法治療反応性に対する血中胆汁酸の影響とそのメカニズムに関する研究

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 鈴木 小夜、中村 智徳, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本研究では、近年、遺伝子の転写発現調節を司る生理活性物質として注目されている胆汁酸に着目し、特に臨床血中で生じ得る範囲での胆汁酸濃度の上昇・変動ががん細胞の増殖及び抗がん剤感受性に及ぼす影響とその機序について明らかにする。化学療法を受ける患者で血中胆汁酸濃度が上昇する病態を有する患者の、がん特性や使用抗がん剤を考慮した薬物治療の評価と選択、治療個別化が可能となることを目指している。
    平成29年度は、ヒト慢性骨髄性白血病細胞株K562に0~50 mM デオキシコール酸(DCA)、ケノデオキシコール酸(CDCA)を24、48、72時間曝露し細胞生存率を算出し、さらに正常範囲と胆汁うっ滞患者の血中濃度に相当するDCA(1, 10μM)、CDCA(1, 50μM)で3日及び17日間曝露した細胞のイマチニブ(IM)及びメトトレキサート(MTX)感受性を評価した。その結果、臨床血中濃度(1, 10μM)のDCA、CDCAの24、48時間曝露は細胞生存率を低下させたが、72時間曝露により細胞生存率の有意な回復が認められた。さらに、10μM DCAの17日間曝露はK562のMTX感受性を有意に低下させ、一方、IM感受性は、1μM DCAの3日間曝露により感受性が低下した。
    これらの結果は、1)臨床血液中に存在し変動し得る範囲での胆汁酸濃度上昇が慢性骨髄性白血病における抗がん剤反応性に対する影響要因の一つとなり、その影響は抗がん剤の種類により異なる可能性があること、さらに2)胆汁酸血液腫瘍以外のがん種に対しても、血中胆汁酸濃度の変動が細胞増殖能や薬剤感受性に影響を与える可能性を検討する必要性を示したものと考える。血液中胆汁酸濃度が上昇するような病態を呈している患者における薬剤選択や薬物治療効果の評価、治療個別化に向けた重要な知見と考える。
    「5.研究実績の概要」に記載したとおり、ヒト慢性骨髄性白血病細胞株K562を用いた検討により、臨床血液中に存在し変動し得る範囲の濃度の胆汁酸が、1)細胞増殖能を上昇させること、2)抗がん剤反応性に対する影響要因の一つとなり、その影響は抗がん剤の種類により異なる可能性を明らかにした。これらの結果を踏まえ、さらに他がん種についてもヒトがん細胞株を購入し予備検討を進めている。
    平成30年度以降は、さらにがん種を増やしてがん細胞増殖及び抗がん剤感受性に対する胆汁酸濃度および曝露時間の影響についての検討を継続しながら、in vivoモデル動物実験についても検討する。胆汁酸の影響が明らかとなったがん種および抗がん剤を対象として、臨床情報を用いた疫学的調査研究(後方視的調査)を実施する。具体的には、
    1.ヒト肝細胞がん株(HepG2)、ヒト肺がん細胞株(A549)、ヒト乳がん細胞株(MCF7)などを用いて、DCA、CDCA曝露時および非曝露時の抗がん剤感受性を比較し、抗がん剤感受性に対する胆汁酸の影響を検討する。
    2.ラットやマウスはヒトと異なる胆汁酸代謝経路を持つため、まずは予備検討として胆管結紮モデルラットの血清を用いてヒトがん細胞株の増殖および抗がん剤感受性に対する影響を検討する。予備検討の結果に基づき、対象がん種のヒト細胞株を用いた担癌マウスを用いた検討を進め、DCAもしくはCDCAのがん細胞増殖及び抗がん剤反応性について検討する。
    3.胆汁酸曝露前後のヒトがん細胞株、及び担癌マウスの摘出腫瘍組織より抽出したmRNA、タンパク質を用いて胆汁酸関連分子の挙動を分析しメカニズムについて検討する。
    4. 胆汁酸の影響が明らかとなったがん種および抗がん剤について、カルテ記載などの臨床情報を用いた疫学的調査研究(後方視的調査)を実施し、肝胆道系臨床検査値および関連情報と化学療法に対する治療反応性について検証する。

  • COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究

    2016年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾, 慶應義塾学事振興資金, 鈴木 小夜, 補助金,  研究代表者

  • COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究

    2015年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾, 慶應義塾学事振興資金, 鈴木 小夜, 補助金,  研究代表者

  • COX阻害薬の特性とがん細胞のCOX阻害特性に基づく抗腫瘍効果予測に関する研究

    2014年04月
    -
    2015年03月

    慶應義塾, 慶應義塾学事振興資金, 鈴木 小夜, 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • Method for determining sensitivity to anticancer agent.

    出願日: PCT/JP2010/069362  2010年10月 

    発行日: EP 2495568 B1  2018年08月

    特許権, 共同

  • 抗がん剤の感受性判定方法

    出願日: 特願2011-538506  2010年10月 

    発行日: 特許第5548693号  2014年05月

    特許権, 共同

  • 抗がん剤の感受性の判定方法.

    出願日: 特願2011-538507  2010年10月 

    発行日: 特許第5548694号  2014年05月

    特許権, 共同

  • METHOD FOR DTERMINATION OF SENSITIVITY TO ANTI-CANCER AGENT.

    出願日: 13/504,985  2010年10月 

    発行日: US 8,765,713 B2  2014年07月

    特許権, 共同

  • 抗癌剤感受性的判定方法

    出願日: 201080049197. 8  2010年10月 

    発行日: ZL 2010 8 0049197.8  2016年03月

    特許権, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2021年度日本薬学教育学会 教育研究奨励賞

    2022年05月, 一般社団法人 日本薬学教育学会, メタ認知的アプローチに基づいた臨床実習の学修効果向上および 薬学生のプロフェッショナリズム醸成に関する研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Best Poster Presenter <Student>

    Kikuyama Fumihiro, Sayo Suzuki「他」, 2022年02月, The 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy, Ingenol mebutate inhibits proliferation of pancreatic cancer cells at lower concentration than other established antitumor agents.

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Best Oral Presenter <Student>

    Emi Ishikawa「他」, 2022年02月,  The 21st Asian Conference on Clinical Pharmacy, Novel assay for simultaneous quantification of parent compounds and active metabolites of second-/third-generation EGFR-TKIs for clinical application.

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 学生優秀発表賞

    真鍋司, 鈴木小夜, 松野昂, 地引, 横山雄, 河添, 中村智徳, 2021年08月, 第6回日本薬学教育学会大会, P-MEXによる薬局実務実習生のプロフェッショナリズム評価における評価者の設定と実用可能性―評価者の職種による影響の検討―

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 若手優秀演題賞

    石川恵海, 横山雄太, 千島陽奈, 国吉央城, 佐藤 到, 中谷直喜, 中島日出夫, 木村元範, 袴田 潤, 末廣直哉, 中田英夫, 池村辰之介, 平賀ゆい, 地引 綾, 河添 仁, 村松 博, 鈴木小夜, 中村智徳., 2021年06月, 第37回日本TDM学会・学術大会, LC-MS/MS を用いた第二、三世代EGFR-TKI 未変化体及び活性代謝物の血清中濃度同時測定法の構築と臨床に向けた検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(医療薬学)

    2022年度

  • 演習(医療薬学)

    2022年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2022年度

  • 実務実習事前学習3

    2022年度

  • 実務実習事前学習1

    2022年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議・公開シンポジウム 「薬学教育の立場から医療プロフェッショナリズムを考える」

    2023年01月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

  • 第61回 日本薬学会・中国四国支部学術大会 シンポジウム「さまざまな視点から見える薬学実務実習生のプロフェッショナリズムの現状と課題と教育」

    2022年11月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

  • 第32回 日本医療薬学会年会シンポジウム「薬学教育における医療人プロフェッショナリズム教育について考える」.シンポジウム45「次期改訂薬学教育モデル・コア・カリキュラムの「臨床薬学」を充実させるために」.

    2022年09月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

  • 2021年度日本薬学教育学会 教育研究奨励賞・受賞講演.「メタ認知的アプローチに基づいた臨床実習の学修効果向上および薬学生のプロフェッショナリズム醸成に関する研究」.第7回 日本薬学教育学会大会.

    2022年08月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

  • 医療薬学フォーラム2022/第30回クリニカルファーマシーシンポジウム「薬学教育」(オーガナイザー)「薬のエキスパートが活躍するさまざまな世界と社会貢献から薬学教育を考えるから薬学で学ぶ意義、そしてなぜ研究をするのか?~ 」

    2022年07月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 「新薬紹介」日本薬剤師会雑誌

    公益社団法人 日本薬剤師会

    2021年06月
    -
    継続中
  • University of Southern California Marshall School of Business GSBA 580 C – PRIME Japan 2019 Japanese Women in Business

    University of Southern California Marshall School of Business

    2019年05月
  • The Annual Overseas Pharmacy Internship Presentation on February 2nd, 2019

    2019年01月
  • University of Southern California Marshall School of Business GSBA 580 C – PRIME Japan 2018 Japanese Women in Business

    University of Southern California Marshall School of Business

    2018年05月
  • 「Oxalipltinの神経系細胞障害に対するanthraquinone系化合物emodinによる細胞保護効果」Nanion・東京女子医大 イオンチャネルフォーラム 2017~オートパッチクランプ技術とその発展~.

    Nanion, 東京女子医大 イオンチャネルフォーラム 2017~オートパッチクランプ技術とその発展~, 

    2017年07月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 「ルーブリック評価,薬局・病院実習でトライアル実施 日本薬学教育学会大会で報告」薬事日報.

    薬事日報 (2017年9月6日(水)第11917号(1面)) , 2017年09月

  • 将来を考えるお仕事ガイド-医療に関わるお仕事「薬剤師」.

    Z-KAI, Azest, 2014年02月

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 令和4年度厚生労働行政推進調査事業費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス政策研究事業)地域における効果的な薬剤師確保の取組に関する調査研究

    厚生労働省, 

    2022年04月
    -
    2023年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • American Association of Cancer Research, 

    2006年
    -
    継続中
  • International Association of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology, 

    2016年
    -
    継続中
  • Asian Association of School of Pharmacy, 

    2021年01月
    -
    継続中
  • 日本癌学会, 

    2005年
    -
    継続中
  • 日本癌治療学会, 

    2017年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    薬学臨床系教員連絡会 関東地区世話人, 薬学臨床系教員連絡会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    日本薬剤師会 薬価基準検討会委員会(幹事), 公益社団法人 日本薬剤師会

  • 2021年02月
    -
    継続中

    日本薬学会 代議員, 公益社団法人 日本薬学会

  • 2021年02月
    -
    継続中

    日本薬学会 関東支部幹事, 公益社団法人 日本薬学会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本医療薬学会 研究推進委員会委員, 一般社団法人日本医療薬学会

全件表示 >>