Yokoyama, Yuta

写真a

Affiliation

Faculty of Pharmacy, Department of Pharmacy 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 (Shiba-Kyoritsu)

Position

Research Associate/Assistant Professor/Instructor

Career 【 Display / hide

  • 2013.10
    -
    2014.12

    広島大学, 大学院臨床薬物治療学, 特任助教

  • 2015.01
    -
    2015.09

    広島大学, 大学院臨床薬物治療学, 助教

  • 2015.10
    -
    2015.12

    広島大学, 大学院臨床薬物治療学, 研究員

  • 2016.01
    -
    2017.01

    慶應義塾大学, 薬学部 実務薬学講座, 助教

  • 2017.02
    -
    Present

    慶應義塾大学, 薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門, 助教

Academic Background 【 Display / hide

  • 2004.04
    -
    2008.03

    Tokushima Bunri University, 薬学部, 医療薬学科

    University, Graduated

  • 2008.04
    -
    2010.03

    Tokushima Bunri University, 薬学研究科

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 2010.04
    -
    2014.07

    Kagoshima University, 医歯学総合研究科

    Graduate School, Completed, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 博士(医学), Kagoshima University, Coursework, 2014.07

    In vitroおよびマウス大腿部感染・肺炎モデルにおけるsulbactamのAcinetobacter baumanniiに対するPK/PDの評価

Licenses and Qualifications 【 Display / hide

  • 薬剤師免許, 2008.06

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Life Science / Clinical pharmacy

Research Keywords 【 Display / hide

  • 個別化薬物療法

Research Themes 【 Display / hide

  • 薬物動態学/薬力学/薬理遺伝学に基づく抗がん薬の至適投与法の確立, 

    2016.01
    -
    Present

 

Books 【 Display / hide

  • マイスターから学ぶ皮膚科治療薬の服薬指導術

    横山雄太、木津純子, メディカルレビュー社, 2016.11

    Scope: 薬剤性光線過敏症に注意すべき薬について教えてください

Papers 【 Display / hide

  • Pharmacokinetic/pharmacodynamic evaluation of teicoplanin against Staphylococcus aureus in a murine thigh infection model

    Watanabe E., Matsumoto K., Ikawa K., Yokoyama Y., Shigemi A., Enoki Y., Umezaki Y., Nakamura K., Ueno K., Terazono H., Morikawa N., Takeda Y.

    Journal of Global Antimicrobial Resistance 24   83 - 87 2021

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Dosing optimization of ampicillin-sulbactam based on cystatin C in elderly patients with pneumonia.

    Matsubara K., Matsumoto K., Yokoyama Y., Watanabe E., Enoki Y., Shigemi A., Ikawa K., Terazono H., Morikawa N., Ohshige T., Takeda Y.

    Biological and Pharmaceutical Bulletin 44 ( 5 ) 732 - 736 2021

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • 院内製剤の抗微生物薬,抗ウイルス薬,塩化ナトリウム点眼液の長期保存における安定性の評価

    武田真実、横山雄太、渡邉武明、平賀ゆい、地引綾、河添仁、鈴木小夜、門田佳子、中村智徳

    医療薬学 47   316 - 325 2021

    Research paper (scientific journal), Accepted

  • 急性期病院における腎機能別酸化マグネシウムの使用実態と薬剤師介入の有用性について

    森裕也、小谷遥、伊藤知行、枦秀樹、横山雄太、中村智徳、太田哲徳

    日本腎臓病薬物療法学会  2021

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Drug repositioning of antipsychotic drugs for cisplatin-induced pica behavior in mice

    Sekiguchi M., Sagano N., Kawazoe H., Hiraga Y., Jibiki A., Yokoyama Y., Suzuki S., Nakamura T.

    Pharmazie 76 ( 10 ) 484 - 487 2021

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • 研究方法のレクチャー:(1)研究方法~臨床薬学的研究の紹介~

    河添仁, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引綾, 中村智徳

    日本臨床腫瘍薬学会雑誌 9   20 - 25 2019

    Other, Joint Work

  • がん薬物療法における職業性曝露対策の新たな動きと未来展望

    河添仁, 鈴木小夜, 横山雄太, 地引綾, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会 ((一社)日本医薬品安全性学会)  5 ( 2 ) 67 - 75 2019

    Other, Joint Work

     View Summary

    本総説では、がん薬物療法における職業性曝露対策の新たな動きと未来展望について概説する。一般的に、細胞障害性抗がん剤とモノクローナル抗体を含むハザーダス・ドラッグ(HD)には発がん性、催奇形性及び生殖毒性がある。本邦のがん薬物療法における職業性曝露対策ガイドラインに従って、我々はHD調製から投与管理までの行程の職業性曝露を防止するため、安全キャビネット、個人防護具及び閉鎖式薬物移送システム(CSTD)の使用を日常的に遵守している。第一に、CSTDは高額であるが、職業性曝露を大幅に減らすという多くのエビデンスがある。愛媛大学医学部附属病院では、すべての外来化学療法患者にファシールシステムを導入した。我々はCSTD導入前後において臨床的アウトカムを後方視的に比較し、さらにCSTD導入による診療報酬の収益とコストを評価した。CSTD導入後、外来化学療法患者の平均待ち時間に有意差は見られず、診療報酬の収益とCSTDコストの平均差分に基づくと、推算コストは赤字となった(年間約1,900万円)。第二に、本邦薬剤師らはドラッグ・バイアル・オプティマイゼーション(DVO)とHD調製ロボットを発展させている。これらの方法はHDの職業性曝露だけでなく、医療費抑制に繋がる。しかしながら、DVOはHD調製において非常に複雑な手順を要するため、医療安全上の懸念が残る。将来、HD調製ロボットの発展はDVO普及に繋がることを期待する。(著者抄録)

  • がん薬物治療におけるステロイド

    地引 綾, 横山 雄太, 河添 仁, 鈴木 小夜, 中村 智徳

    日本医薬品安全性学会 ((一社)日本医薬品安全性学会)  5 ( 1 ) 1 - 14 2019

    Other, Joint Work

     View Summary

    ステロイドはがん薬物治療の領域において様々な場面で用いられている。免疫抑制作用、抗炎症、抗腫瘍、治療に伴う副作用の軽減、腫瘍による症状の緩和など多様な効果が期待される。近年がん薬物治療の領域は目覚ましい進歩を遂げており、それに合わせてがん薬物治療における最適なステロイドの種類・投与量・投与期間、使用上の注意点も変化していると考えられる。多発性骨髄腫の治療や制吐療法ではデキサメタゾンが重要な役割を担っており、治療成績の向上に伴いステロイドの投与量は減少してきている。一方、近年新たに承認された去勢抵抗性前立腺癌の治療薬や、免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連有害事象の発現により、プレドニゾロンが使用される機会が増えた。ステロイドは、適正に使用すればがん薬物治療の効果を最大限に高めつつ副作用を最小限にとどめることが可能である。ステロイドの投与により易感染、骨粗鬆症、高血糖、吃逆などの副作用が発現するだけでなく、免疫チェックポイント阻害薬の治療効果が減弱する可能性もあることが報告されているため、使用の際には投与目的、投与量、投与期間が患者の病態に適しているかどうかを適切に評価する必要がある。(著者抄録)

  • 上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬おける治療薬物モニタリングのルーチン化に向けて

    横山雄太, 鈴木小夜, 地引綾, 河添仁, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会 ((一社)日本医薬品安全性学会)  4 ( 1 ) 1 - 11 2018

    Other, Joint Work

     View Summary

    非小細胞肺がん(NSCLC)に対して使用可能な上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)において、一部のEGFR-TKIでは、臨床上で血中濃度と有効性および副作用が相関することが分かっており、治療薬物モニタリング(TDM)による最適な薬物療法の実施が期待されている。EGFR-TKIの薬物動態の特徴を考慮すると、薬剤によっては食事による吸収率の変動や併用薬による薬物相互作用により血中濃度が変動する可能性があるため、血中濃度測定による確認は重要であると考えられる。今後はEGFR-TKI使用患者の薬物血中濃度をHPLCおよびLC-MS/MSを用いて測定を実施し、信頼性の高いエビデンスを構築する事により、有効性および安全性を確保するための至適投与の推進が期待される。(著者抄録)

  • がん薬物治療と臨床試験におけるスぺシャル・ポピュレーション

    鈴木小夜, 地引綾, 横山雄太, 河添仁, 中村智徳

    日本医薬品安全性学会 4 ( 2 ) 83 - 97 2018

    Other, Joint Work

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • 薬局および在宅での微量血液によるdried blood spot (DBS) 法を用いたTDMおよび遺伝子多型解析の実施に向けた基礎的検討

    横山雄太

    日本薬学会 関東支部 第46回学術講演会, 

    2021.11

    Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech

  • 薬学部におけるがん医療人育成に向けた臨床教育

    横山雄太

    国際医療福祉大学大学院 がんプロ一般市民公開講座, 

    2021.11

    Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech

  • COVID-19 pandemic下の実務実習における代表的8疾患の服薬指導実習に対する影響の検証

    岩田紘樹、地引綾、鈴木小夜、横山雄太、平賀ゆい、河添仁、小林典子、藤本和子、中田英夫、青森達、山浦克典、中村智徳.

    第31回日本医療薬学会年会, 

    2021.10

    Poster presentation

  • Pharmacokinetics/pharmacodynamicsに基づいた抗菌薬の感染症予防および治療における個別最適化に関する研究

    横山雄太

    第31回日本医療薬学会年会, 

    2021.10

    Poster presentation

  • Development and validation of a new LC-MS/MS assay for simultaneous determination of parent compounds and active metabolites of second-/third-generation EGFR-TKIs in human serum, and its clinical application for cancer patients

    Ishikawa E., Yokoyama Y., Chishima H., Kuniyoshi O., Satou I., Nakaya N., Nakajima H., Kimura M., Hakamata J., Suehiro N., Nakada H., Ikemura S., Jibiki A., Kawazoe H., Muramatsu H., Suzuki S., Nakamura T.

    第31回日本医療薬学会年会, 

    2021.10

    Poster presentation

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 薬物代謝バイオマーカーによる小児薬物療法の適正化を目指したファーマコメトリクス

    2021.04
    -
    2024.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, Grant-in-Aid for Early-Career Scientists , Principal investigator

  • ESBL 産生腸内細菌科細菌に対するセフメタゾールの PK/PD に基づいた個別至適化治療法

    2021.04
    -
    2022.03

    2021年度 学事振興資金(個人研究), Research grant, Principal investigator

  • 小児におけるボリコナゾールの PK/PD に基づいた至適投与方法の構築

    2020.04
    -
    2021.03

    2020年度 福澤基金研究補助, Research grant, Principal investigator

  • 小児におけるボリコナゾールの PK/PD に基づいた至適投与方法の構築

    2020.04
    -
    2021.03

    2020年度 福澤基金研究補助, Research grant, Principal investigator

  • 非小細胞肺がん患者におけるオシメルチニブのPK/PD/PGxの解明に基づいた個別的至適治療法の構築

    2019.04
    -
    2021.03

    薬学研究奨励財団, 薬学研究奨励財団 研究助成金, Research grant, Principal investigator

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 若手優秀演題賞(30歳以下の部門)

    2021.06, 日本TDM学会, LC-MS/MS を用いた第二、三世代EGFR-TKI 未変化体及び活性代謝物の血清中濃度同時測定法の構築と臨床に向けた検討

    Type of Award: Award from Japanese society, conference, symposium, etc.

  • 学生優秀発表賞(ポスター発表の部)

    2021.04, 日本薬学会, 高齢者における三大生活習慣病と服薬アドヒアランスの検討

    Type of Award: Award from Japanese society, conference, symposium, etc.

  • 一般演題 学生発表 優秀発表賞

    川元駿,鈴木小夜,前田智昭,真鍋司,地引綾,横山雄太,河添仁,中村智徳, 2020.09, P-MEXを用いた実務実習生のプロフェッショナリズム評価の妥当性の検討―薬局実務実習での検討―

  • 2020年度日本医療薬学会奨励賞

    横山 雄太, 2020.08, Pharmacokinetics/pharmacodynamicsに基づいた抗菌薬の感染症予防および治療における個別最適化に関する研究

  • 一般演題 学生発表 優秀発表賞

    2019.08, 実習生の一般性自己効力(Gneralized self-efficacy)は薬局実務実習における課題達成行動(成功体験)に寄与する

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • STUDY OF MAJOR FIELD: (PHARMACEUTICAL CARE SCIENCES)

    2022

  • SEMINAR: (PHARMACEUTICAL CARE SCIENCES)

    2022

  • RESEARCH FOR BACHELOR'S THESIS 1

    2022

  • PRIOR LEARNING FOR CLINICAL PRACTICE 3

    2022

  • PRE-CLINICAL TRAINING FOR HOSPITAL & COMMUNITY PHARMACY

    2022

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • D1病院・薬局に行く前にA

    Keio University

    2017.04
    -
    2018.03

    Spring Semester, Lecture

  • 薬学生のための体験学習プログラムF

    Keio University

    2017.04
    -
    2018.03

    Full academic year

  • 薬学英語演習S

    Keio University

    2017.04
    -
    2018.03

    Full academic year

  • 卒業研究C

    Keio University

    2017.04
    -
    2018.03

    Full academic year

  • 卒業研究B

    Keio University

    2017.04
    -
    2018.03

    Full academic year

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

  • 日本化学療法学会 評議員

    2016.05
    -
    Present

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本臨床薬理学会, 

    2013.10
    -
    Present
  • 日本化学療法学会, 

    2011.03
    -
    Present
  • 日本TDM学会, 

    2010.04
    -
    Present
  • 日本薬学会, 

    2008.07
    -
    Present
  • 日本医療薬学会, 

    2008.06
    -
    Present