熊谷 直哉 (クマガイ ナオヤ)

Kumagai, Naoya

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬科学科 分子創成化学講座 (芝共立)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    ハーバード大学, 生物化学科, ポストドクトラルフェロー

  • 2006年04月
    -
    2010年03月

    東京大学, 大学院薬学系研究科, 助教

  • 2010年04月
    -
    2010年12月

    微生物化学研究所, 有機合成研究部, 研究員

  • 2010年04月
    -
    2017年03月

    立教大学, 理学部, 兼任講師

  • 2011年01月
    -
    2013年03月

    微生物化学研究所, 有機合成研究部, 主任研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    東京大学, 薬学部

    大学, 卒業

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    東京大学, 大学院薬学系研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    東京大学, 大学院薬学系研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 東京大学, 課程, 2005年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師, 2000年09月

  • 第一種放射線管理主任者, 2012年04月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Interplay of diamides and rare earth metals: Specific molecular spaces and catalytic activity

    Kumagai N., Shibasaki M., Designed Molecular Space in Material Science and Catalysis, 2018年01月

     概要を見る

    A catalytic system comprising functionalized small diamides and rare earth metals (REs) exerts intriguing catalytic properties that are dictated by dynamic construction of flexible molecular spaces. The dynamic interaction of diamides and REs is characterized by broad applicability to distinct reaction systems as well as notable switchable catalysis. Structural modification of the diamide allows for enhanced intermolecular interactions to afford a self-assembled solid-phase catalyst with a specific molecular space that engages in heterogeneous asymmetric catalysis with a continuous-flow platform.

  • Chiral Bimetallic Lewis Acids

    Shibasaki M., Kumagai N., Topics in Organometallic Chemistry, 2018年

     概要を見る

    Here, we review the utility of chiral bimetallic (multimetallic) Lewis acidic complexes in catalytic asymmetric transformations. Bimetallic complexes are endowed with dual catalytic functions that synergistically activate multiple substrates and functionalities. This cooperative activation mode is particularly effective for activating low reactivity substrates in a highly stereoselective manner without the aid of stoichiometric activating reagents. The privileged bimetallic catalysts presented here highlight the importance of catalyst design in the development of widely applicable catalytic systems.

論文 【 表示 / 非表示

  • Azo-Tagged C4N4 Fluorophores: Unusual Overcrowded Structures and Their Applications to Fluorescent Imaging

    Miki Kohei, Naoki Takizawa, Ryosuke Tsutsumi, Wei Xu, and Naoya Kumagai*

    Org. Biomol. Chem. 2023年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 最終著者, 責任著者, 査読有り

  • TEtraQuinolines: A Missing Link in the Family of Porphyrinoid Macrocycles

    Wei Xu, Yuuya Nagata, and Naoya Kumagai*

    J. Am. Chem. Soc. 2023年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 最終著者, 責任著者, 査読有り

  • Less Is More: N(BOH)2 Configuration Exhibits Higher Reactivity than the B3NO2 Heterocycle in Catalytic Dehydrative Amide Formation

    Christopher R. Opie, Hidetoshi Noda,* Masakatsu Shibasaki, and Naoya Kumagai*

    Org. Lett. 2023年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 最終著者, 責任著者, 査読有り

  • Oxygen-Fueled Iterative Hydride Transfer Driven by a Rigid Planar Architecture

    Karimata T., Adachi S., Shibasaki M., Kumagai N.

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin (Chemical and Pharmaceutical Bulletin)  70 ( 9 ) 595 - 598 2022年09月

    ISSN  00092363

     概要を見る

    An iterative hydride reduction/oxidation process was promoted under ambient conditions by a quasi-planar iminium cation rigidified by two concatenated quinoline units. The iminium proton was fixed by hydrogen bonding from neighboring quinoline nitrogen atoms, rendering the imine highly susceptible to hydride reduction with weak reductants, e.g., 1,4-dihydropyridines. The thus-formed amine was readily oxidized by molecular oxygen to regenerate the quasi-planar iminium cation under ambient conditions. This process was exploited for catalytic oxidation of 1,4-dihydropyridines as well as 9,10-dihydroacridine to highlight an intriguing rigidity- driven catalysis.

  • Strategic Synthesis of Asymmetrically Substituted C4N4 Fluorophores

    Xu W., Kohei M., Shibasaki M., Kumagai N.

    Synthesis (Germany) (Synthesis (Germany))  53 ( 18 ) 3355 - 3360 2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00397881

     概要を見る

    C4N4 fluorophores comprise a recently disclosed new class of emissive organic molecules with modular synthetic capabilities. Herein, we report a new synthetic protocol toward asymmetrically di arylated C4N4 fluorescent materials. Direct monoarylation of 1-naphthol is exploited to suppress undesired diarylation and to provide a free phenolic hydroxy group for prospective linking to a molecule of interest. Installation of the second aromatic unit in order to acquire fluorescent properties is achieved by Suzuki-Miyaura cross-coupling.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ポルフィリン2.0: warped-porphyrinの化学

    2022年06月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 熊谷 直哉, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  研究代表者

  • 戦略的分子デザインが拓く分子変換化学

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 熊谷 直哉, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 一原子サイズ欠損分子トリキノリンの化学

    2019年06月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 熊谷 直哉, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  研究代表者

  • B3NO2型特殊反応場を駆使する重要触媒反応群の開発

    2018年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 熊谷 直哉, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  研究代表者

  • 協奏機能型触媒が拓くサステイナブルな直截型反応群の開発

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 熊谷 直哉, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(分子創成化学)

    2022年度

  • 演習(分子創成化学)

    2022年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2022年度

  • 英語演習(薬学科)

    2022年度

  • 医薬分子設計化学

    2022年度

全件表示 >>