武井 良修 (タケイ ヨシノブ)

TAKEI, Yoshinobu

写真a

所属(所属キャンパス)

法学部 法律学科 (三田)

職名

准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年12月
    -
    2008年11月

    ユトレヒト大学, オランダ海洋法研究所, 研究員

  • 2009年04月
    -
    2010年05月

    海洋政策研究財団, 政策研究グループ, 研究員

  • 2010年06月
    -
    2012年12月

    ユトレヒト大学, 法学部, 助教授

  • 2013年01月
    -
    2014年02月

    キール大学, 法学部ヴァルター・シュッキング国際法研究所, 研究員

  • 2014年03月
    -
    2015年01月

    世界海事大学, 准教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2001年03月

    慶應義塾大学, 法学部, 法律学科

    大学, 卒業

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾大学, 法学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 2003年09月
    -
    2004年08月

    ユトレヒト大学, 法学部

    オランダ王国, 大学院, 修了, 修士

  • 2005年01月
    -
    2008年12月

    ユトレヒト大学, 法学部

    オランダ王国, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D., ユトレヒト大学, 論文, 2008年12月

    Filling regulatory gaps in high seas fisheries: discrete high seas fish stocks, deep-sea fisheries and vulnerable marine ecosystems

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 国際法学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 国際法

  • 持続可能な開発目標 (SDGs)

  • 海洋ガバナンス

  • 海洋法

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Filling Regulatory Gaps in High Seas Fisheries: Discrete High Seas Fish Stocks, Deep-sea Fisheries and Vulnerable Marine Ecosystems

    Yoshinobu Takei, Martinus Nijhoff Publishers, 2013年03月,  ページ数: 294

  • よくわかる国際法 [第2版]

    大森正仁編著, ミネルヴァ書房, 2014年10月,  ページ数: 240

    担当ページ: 8-9, 18-23, 40-43, 54-55, 60-61, 74-75, 80-85, 128-129, 146-147, 166-169, 172-175, 178-179, 194-195, 212-213

  • Research Handbook on Climate Change, Oceans and Coasts

    Jan McDonald, Jeffrey McGee and Richard Barnes (eds.), Edward Edgar Publishing, 2020年

    担当範囲: Climate Change and High Seas Fisheries,  担当ページ: 114-133

  • Regime Interaction in Ocean Governance: Problems, Theories and Methods

    Seline Trevisanut, Nikolaos Giannopoulos and Rozemarijn Roland Holst (eds.), Brill, 2020年

    担当範囲: Demystifying Ocean Governance,  担当ページ: 22-51

  • Corporate Social Responsibility in the Maritime Industry

    Lisa Loloma Froholdt (ed.), Springer, 2018年

    担当範囲: Governance of Maritime Activities: Legal, Policy and Institutional Aspects,  担当ページ: 43-61

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な開発目標と海洋問題-国際法の視点から

    武井良修

    法學研究 94 ( 1 ) 298 - 315 2021年01月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

  • Promoting Sustainable Fisheries Through the Effective Implementation of the United Nations Convention on the Law of the Sea (1982) and the United Nations Fish Stocks Agreement (1995)

    Gabriele Goettsche-Wanli, Michele Ameri and Yoshinobu Takei

    Trade and Environment Review 2016 UNCTAD/DITC/TED/2016/3 (United Nations)     4 - 8 2016年

    研究論文(その他学術会議資料等), 共著

  • The Role of the Arctic Council From an International Law Perspective: Past, Present and Future

    Yoshinobu Takei

    Yearbook of Polar Law VI   349 - 374 2015年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 200海里を超える大陸棚上の活動の規制-沿岸国の国際法上の権利・義務を中心に

    武井良修

    『咸臨』(日本船舶海洋工学会誌)  ( 52 ) 12 - 18 2014年01月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • An Ocean of Surprises: Trends in Human Use, Unexpected Dynamics and Governance Challenges in Areas beyond National Jurisdiction

    Andrew Merrie, Daniel C. Dunn, Marc Metian, Andre M. Boustany, Yoshinobu Takei, Alex Oude Elferink, Yoshitaka Ota, Villy Christensen, Patrick N. Halpin and Henrik Österblom

    Global Environmental Change 27   19 - 31 2014年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • WMUにおける海洋教育について

    武井良修

    Ocean Newsletter  ( 338 )  2014年09月

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要), 単著

  • 北極評議会の組織と活動

    武井良修

    海洋情報季報  ( 2 ) 117 - 127 2013年

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要), 単著

  • 北極捜索・救助(SAR)協定

    武井良修

    北極海季報  ( 10 ) 45 - 51 2011年

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要), 単著

  • Polar Complications in the Law of the Sea: A Case Study of the Regime for Research and Survey Activities in the Arctic Ocean

    Yoshinobu Takei

    Sixth ABLOS Conference “Contentious Issues in UNCLOS – Surely Not?”, Monaco, 25-27 October 2010  2010年

    会議報告等, 単著

  • 国際海底ケーブル管理法制の整備を

    武井良修

    Ocean Newsletter  ( 222 )  2009年11月

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • SDG 14 processes: how regional coordination mechanisms could support the achievement of, and reporting for, SDG 14

    Side Event “SOI Global Dialogue with Regional Seas Organizations and Regional Fisheries Bodies”, 20 August 2019 (New York, USA) , 

    2019年08月

    口頭発表(一般)

  • Developments related to SDG 14 and preparations for the 2020 UN Ocean Conference

    Second Meeting of the Informal Working Group for the Sustainable Ocean Initiative Global Dialogue, 24-25 August 2019 (New York, USA) , 

    2019年08月

    口頭発表(一般)

  • The Blue Economy within international ocean governance

    Nippon Foundation Nereus Program Workshop on the Blue Economy, 10-11 December 2018 (Seattle, USA) , 

    2018年12月

    口頭発表(一般)

  • Processes relating to the sustainable development of oceans and seas at the United Nations – potential contributions by marine science and marine scientists

    Conference “Frontiers in Ocean Sustainability - Co-designing Research and Solutions”, 19-21 September 2018 (Halifax, Canada) , 

    2018年09月

    口頭発表(一般)

  • Defining Ocean Governance

    Workshop “Regime Interaction in Ocean Governance: Problems, theories and methods”, 19-20 April 2018 (Utrecht, The Netherlands) , 

    2018年04月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 国際海洋法

    2022年度, 春学期, 講義, 専任

  • 国際化と法

    2022年度, 講義, 専任

  • 研究会(法律学科)II

    2022年度, 秋学期, 演習, 専任

  • 研究会(法律学科)I

    2022年度, 春学期, 演習, 専任

  • 国際法

    2022年度, 秋学期, 講義, 専任

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な開発に関するブリーフィング

    東京外国語大学, ニューヨーク国連研修プログラム, 

    2020年01月
  • 国連事務局における海洋法・政策に係わる実務

    日本弁護士連合会, 国際公法の実務研修連続講座 vol. 2, 

    2019年01月
  • 国連海洋法条約(UNCLOS)及び国際海洋法裁判所(ITLOS)の実務

    日本弁護士連合会, 国際公法の実務研修連続講座, 

    2017年01月