Takahashi, Kunihiro

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Technology (Mita)

Position

Professor Emeritus

Related Websites

Profile Summary 【 Display / hide

  • We focus on the fundamental study for structural behaviors. Load path U* analysis is investigated for the application to actual vehicle structures. The theory of micromode materials is proposed using the concept of generalized continuum. The theory is applied for the development of the rigorous theory of thin-walled structures.

Career 【 Display / hide

  • 1967.04
    -
    1975.03

    日産自動車株式会社

  • 1975.04
    -
    1980.03

    慶應義塾大学(工学部) ,助手

  • 1980.04
    -
    1983.03

    慶應義塾大学(工学部) ,専任講師

  • 1983.04
    -
    1984.03

    慶應義塾大学理工学部機械工学科 ,教室幹事

  • 1983.04
    -
    1992.03

    慶應義塾大学(理工学部) ,助教授

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1967.03

    Keio University, Faculty of Engineering, 機械工学科

    University, Graduated

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 工学 , 1974.03

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Mechanics of materials and materials (Mechanics of Materials)

Research Keywords 【 Display / hide

  • micromode materials

  • microscopic continuum

  • structural analysis

  • vehicle body

  • thin-walled structures

Research Themes 【 Display / hide

  • Development of the theory of micromode materials and its applocation to thin-walled members, 

    2003
    -
    Present

     View Summary

    A new concept of deformable domain is introduced to express the microscopic mode in the small domain. A thin-walled cross-section member is an good example of the new materials since the microscopic mode corresponds to warping deformation and distortional deformation of a cross-section.

  • Load path analysis for structures using U* values, 

    1998
    -
    Present

     View Summary

    Load path in a structure is expressed by U* values which show the strength of force flow.

 

Books 【 Display / hide

  • 弾性力学の基礎

    高橋 邦弘, (株)コロナ社, 1998.11

     View Summary

    弾性力学の基礎概念、すなわちひずみ、応力および構成式について、連続体力学の記述法を用いて解説した。

Papers 【 Display / hide

  • 分布荷重を受ける構造物における荷重経路解析

    松永拓也,中田達也,花里将史,高橋邦弘

    日本機械学会論文集,A編  2009

    Research paper (conference, symposium, etc.), Joint Work, Accepted

  • 指標U*の静電場問題への拡張とポーラス構造を有する層間絶縁膜の構造設計への応用

    宮川隼輔,大宮正毅,高橋邦弘

    日本機械学会論文集,A編 75 ( 756 ) 63-70 2009

    Research paper (conference, symposium, etc.), Joint Work, Accepted

  • Knee Air Bag Deployment and Behavior of Knee Joints

    'Ida,S.,Kurata,H.,Tsutsumi,H.,Sakakura,T.,Suzuki,N.,Tomatsu,T.,Takahashi,K.'

    Review of Automotive Engineering 29 ( 1 )  2008.01

    Research paper (conference, symposium, etc.), Joint Work, Accepted

     View Summary

    ニーエアバッグは衝突時に下肢を保護するとともに,乗員姿勢を適正化する役割がある.ニーエアバッグが下肢に接触する際の膝関節挙動を把握した.

  • 荷重経路の概念による構造物の最適化

    上村真人,八田良行,伊東周太,古賀義徳,櫻井俊彰,高橋邦弘

    日本機械学会論文集,A編 74 ( 737 ) 6〜12 2008.01

    Research paper (conference, symposium, etc.), Joint Work, Accepted

     View Summary

    指標U*を用いた荷重経路に関する構造最適化を行い,従来の最適構造と同様な構造を得たことによりU*の概念の正当性を示した.荷重伝達に着目することにより剛性および応力に関しても良好な結果となり,荷重伝達に着目する重要性を明らかにした.

  • 乗員傷害の分析によるSUVとセダンの前面衝突におけるコンパティビリティの検討

    関根康史,高橋邦弘

    自動車技術会論文集 39 ( 4 )  2008

    Research paper (conference, symposium, etc.), Joint Work, Accepted

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Presentations 【 Display / hide

  • Compatibility between SUVs and Sedan-Type Vehicles

    'Y. Sekine, K. TAKAHASHI, H. Hayamizu, D. Kawamoto and D. Nakagawa'

    'ICRASH2006 Athens, Greece ', 

    2006

    Oral presentation (general)

     View Summary

    'SUVとセダンの衝突コンパティビリティーの検討のためには,フロントエンドから客室への入力経路を把握しておく必要がある.プラスチック製1/10精密模型の客室部に設置したロードセルによって客室入力を測定,このデータから客室入力の上下方向分布図,および2次元等高線分布図を作成し,客室入力を検討した.その結果, SUVと衝突したセダンでは,荷重を主としてドアベルトライン部で受け持つことが明らかとなった.'

  • Compatibility between SUVs and Sedan-Type Vehicles

    Icrash 2006, 

    2006

    Oral presentation (general)

     View Summary

    'Sekine, Y. *, Takahashi, K., Hayamizu, H., Kawamoto, D., and Nakagawa, D.'

  • Load Path Optimization and U* Structural Analysis for Passenger Car Compartments under Frontal Collision

    'T.Sakurai, J.Tanaka, A.Otani, C.Zhang, K.Takahashi'

    'International Body Engineering Conference, JSAE, Tokyo.', 

    2003.10

    Oral presentation (general)

     View Summary

    荷重経路U*解析を自動車衝突時の車体客室構造に適用した。経路は衝突と共に次第にフロアメンバーだけに一本化されることが判明した。またU*解析による最適化計算も行い,フロアメンバーとサイドシルを結ぶ部材の必要性が明かになった。

  • Atomistic Foundation of Solid Mechanics and Thermomechanics

    'K.Takahashi, Y.Yasui, M.Nakane'

    '5th Euromech Solid Mechanics Conference (ESMC), Thessaloniki.', 

    2003.08

    Oral presentation (invited, special)

     View Summary

    現実の連続体は原子の集合から成り立っており,その離散的構造を元に連続的釣合い方程式を導出した。原子の熱運動に基づいて,高次応力と熱の等価性,物体偶力と放射熱,慣性スピンと内部エネルギーの等価性の存在を

  • Airbag Deployment and Ocular Injuries of Occupants

    'T.Nakai, K.Suzuki, T.Tobari, H.Takahashi, N.Suzuki, R.Nakahama, Y.Takizawa, H.Yabe, K.Takahashi'

    'The 18th International Technical Conference on Enhanced Safety of Vehicles, JSAE, Nagoya', 

    2003.05

    Oral presentation (general)

     View Summary

    エアバッグ展開による眼球傷害の可能性について,豚眼を用いた実験,およびPAM/SAFEを用いたシミュレーションにより検討した。その結果,角膜内皮に傷害が起こるが,重篤な結果には至らないことを確認した。

display all >>

Works 【 Display / hide

  • 衝突中の車体客室構造における荷重伝達経路の変動とU*解析

    松田 育磨,櫻井 俊彰,大谷 彰徳,張 成軍, 高橋 邦弘

    2003.05
    -
    Present

    Other, Joint

     View Details

    経路U*解析は静的かつ微小変形にしか適用できなかったが,衝突中のような,大変形,塑性かつ動的条件の元でも利用できることを,数値的,実験的に明かにした。

  • 構造解析シミュレーションにおける荷重伝達の新たな表現法とその適用例

    櫻井 俊彰,阿部 正俊,翁 祖栄, 高橋 邦弘

    2003.05
    -
    Present

    Other, Joint

     View Details

    経路U*解析の有効性を論ずるために,引っぱりを受ける孔開き平板のU*値を数値的に求めた。従来の応力集中から予測される荷重経路が孔の縁をとおり,孔を開けると荷重をよく通すという誤った結論を導くのに対し,U*値による経路はより合理性を有していることを確認した。

  • 大型トラックキャブのフロア振動に対するADAMSの適用とNASTRANによる負荷経路U*の解析

    櫻井 俊彰,星野 裕昭,阿部 正俊,高橋 邦弘

    2002.10
    -
    Present

    Other, Joint

     View Details

    機構解析プログラムADAMSをトラックキャブに適用し,振動計算を行った。その結果と経路U*解析の検討結果とをつき合わせて構造の不具合箇所を論じた。

  • 荷重伝達経路の概念を用いた大型トラック客室フロア部の振動低減に関する検討

    櫻井 俊彰,星野 裕昭, 高橋 邦弘

    2002.07
    -
    Present

    Other, Joint

     View Details

    経路U*解析なる構造評価方法をトラック客室構造に適用した。振動低減に関する検討に利用し,クロスメンバへ十分力が伝達されていないこと,これが構造の振動に悪影響のあることを明かにした。

  • 薄肉閉断面柱における第3の座屈:断面変形座屈

    今村 和彦,中村 仁志,田口 隆敏, 高橋 邦弘

    2001.08
    -
    Present

    Other, Joint

     View Details

    断面変形座屈において,開き断面柱については既にその存在することを理論的に予想してきた。しかし閉じ断面柱に関する断面変形座屈の存在は予想されていなかった。本研究はこの新たな座屈様式の存在を理論的に予想するものである。

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • ばね技術研究会賞学術賞

    高橋 邦弘, 1984.11, ばね技術研究会

  • 自動車技術会賞学術賞

    高橋 邦弘, 1972.05, 自動車技術会

  • 日産自動車社長賞

    高橋 邦弘, 1971.10, 日産自動車株式会社

 

Social Activities 【 Display / hide

  • International Body Engineering Conference,General committee

    2000.12
    -
    2002.04
  • 自動車技術会 構造強度部門委員会

    2000.12
    -
    2002.04
  • 自動車技術会 LCE企画部会

    2000.12
    -
    2002.04
  • トラック構造等乗員保護対策検討委員会

    1996.11
    -
    1997.10
  • 日本材料学会

    1996.04
    -
    Present

display all >>

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本機械学会 第二出版部会, 

    1990.04
    -
    Present
  • 設計工学会, 

    1989.04
    -
    Present

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2000.12
    -
    2002.04

    委員, International Body Engineering Conference,General committee

  • 2000.12
    -
    2002.04

    委員長, 自動車技術会 構造強度部門委員会

  • 2000.12
    -
    2002.04

    委員, 自動車技術会 LCE企画部会

  • 1996.11
    -
    1997.10

    委員, トラック構造等乗員保護対策検討委員会

  • 1996.04
    -
    Present

    正会員, 日本材料学会

display all >>