小熊 祐子 (オグマ ユウコ)

Oguma, Yuko

写真a

所属(所属キャンパス)

研究所・センター等 スポーツ医学研究センター (日吉)

職名

准教授

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体(特に藤沢市)との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 4年の内科研修の後、内分泌内科研究室に入局。その頃より、予防医学に焦点をあて、糖尿病を中心に生活習慣病の、運動・食事といった生活習慣改善による介入研究を実施。2000年から2003 年までハーバード大学公衆衛生大学院疫学科 I-Min Lee 先生のもとに留学し、physical activity epidemiology(運動疫学)を中心に研究。 現在は、臨床・教育面では生活習慣病の運動療法の指導や、一般の方への身体活動の普及啓発に注力している。研究面では、学際的な超高齢者コホート研究や鶴岡みらい健康調査に、運動疫学の専門家として携わり、身体活動と健康上のアウトカムとの関連を検討する研究を行っているほか、地方自治体との 協働による健康増進事業・研究、企業との協働による新しい形の個人を対象とした健康増進サポート事業・研究等も行っている。 代表著書『サクセスフル・エイジング: 予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上』慶應義塾大学出版会(2014年)。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 保健管理センター, 兼担

  • 医学部, スポーツ医学総合センター, 兼担

  • 大学院健康マネジメント研究科, 看護・医療・スポーツマネジメント専攻, 准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年05月
    -
    1997年04月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1997年05月
    -
    1998年04月

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1998年05月
    -
    1998年12月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

  • 1999年01月
    -
    1999年04月

    大学助手(医学部内科学)(有給)

  • 1999年05月

    大学助手(医学部内科学)(無給)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

  • 2001年09月
    -
    2002年06月

    ハーバード公衆衛生大学院, 公衆衛生学修士コース

    アメリカ合衆国, 大学院, 修了, 修士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生理学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学 (Metabolism Studies)

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 身体活動

  • 運動疫学

  • 健康増進

  • 生活習慣改善

  • 予防医学

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 身体活動コミュニティワイド介入研究, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 超高齢者における身体活動の把握と意義, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • アスリートの健康とパフォーマンス, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • がんサバイバーと生活習慣, 

    2015年04月
    -
    継続中

  • 女性の健康支援 特に身体活動・運動について, 

    2016年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 健康スポーツ医学実践ガイド~多職種連携のすゝめ~

    文光堂, 2022年06月

    担当範囲: 第1章運動・身体活動の健康における意義と医師との関わり、第8章4.運動関連資源マップ、5.運動連携パス・運動療法連携パス,  担当ページ: 2-10、159-162

  • 専門家と患者がいっしょに作った リンパ浮腫に悩んだらすぐに読みたい本

    女子栄養大学出版部, 2021年10月

    担当範囲: 生活習慣指導

  • 整形外科医のためのスポーツ医学概論

    中山書店, 2021年10月

    担当範囲: 2章スポーツ外傷・障害の予防/メディカルチェック 内科的メディカルチェック,  担当ページ: 144-150

  • スポーツ白書 2020

    笹川スポーツ財団, 2020年03月

    担当範囲: 第3章 スポーツと健康増進 I-2.健康長寿社会の創生、健康寿命の延伸,  担当ページ: 72-74

  • 身体活動・座位行動の科学~疫学・分子生物学から探る健康~

    小熊祐子 and 岡檀, 杏林書院, 2016年09月

    担当範囲: 第5章 メンタルヘルスの身体活動疫学 4節 自殺,  担当ページ: 135-139

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • [Current status of awareness, knowledge, beliefs, and behavioral intentions regarding the Japanese physical activity guidelines and their relationship with physical activity and sedentary behavior].

    Tajima T, Harada K, Oguma Y, Sawada SS

    [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health (日本公衆衛生学会)  advpub ( 0 )  2022年06月

    ISSN  0546-1766

     概要を見る

    <p><b>目的</b> 本研究では,アクティブガイドの認知・知識・信念・行動意図の現状と,身体活動・座位行動,個人属性との関連を明らかにする。</p><p><b>方法</b> オンライン調査会社に登録する20~69歳のモニター7,000人を対象に,横断的調査を実施した。アクティブガイドの認知は,純粋想起法と助成想起法により,知識は「1日の推奨活動時間(18~64歳/65歳以上)」と「今から増やすべき身体活動時間(プラス・テン)」を数値回答で調査した。信念と行動意図はアクティブガイドに対応する形で新たに尺度を作成し,信念の合計得点と行動意図を有する者の割合を算出した。身体活動は多目的コホート研究(JPHC study)の身体活動質問票から中高強度身体活動量を,特定健診・保健指導の標準的な質問票から活動レベルを算出した。座位行動は国際標準化身体活動質問表(IPAQ)日本語版を使用した。記述的要約を実施した後,従属変数を認知・知識・信念・行動意図のそれぞれの項目,独立変数を身体活動量,座位行動,個人属性(性別,年代,BMI,配偶者の有無,教育歴,仕事の有無,世帯収入)とし,ロジスティック回帰分析でこれらの関連を検討した。</p><p><b>結果</b> アクティブガイドの認知率は純粋想起法で1.7%,助成想起法で5.3~13.4%であった。知識の正答率は,「1日の推奨活動時間(18~64歳)」で37.2%,「1日の身体活動時間(65歳以上)」で7.0%,「プラス・テン」で24.8%,3項目すべて正答で2.6%だった。信念の中央値(四分位範囲)は21(16~25)点であった(32点満点)。行動意図を有する者は,「1日の推奨活動量」で51.4%,「プラス・テン」で66.9%だった。ロジスティック回帰分析の結果,認知・知識・信念・行動意図は中高強度身体活動量や活動レベルでいずれも正の関連が観察された一方で,座位行動では一貫した関連は観察されなかった。個人属性は,評価項目によって異なるが,主に年代や教育歴,仕事の有無,世帯年収との関連を認めた。</p><p><b>結論</b> 本研究より,アクティブガイドの認知や知識を有する者は未だ少ない現状が明らかとなった。さらにアクティブガイドの認知・知識・信念・行動意図を有する者は身体活動量が多いことが明らかとなったが,座位行動は一貫した関連が観察されず,この点はさらなる調査が必要である。さらに,今後は経時的な定点調査も求められる。</p>

  • The impact pathways of environmental, social, and behavioural factors on healthy ageing for urban dwellers aged 85+: Longitudinal study of the Tokyo Oldest Old Survey on Total Health (TOOTH)

    Yoshida N., Arai Y., Takayama M., Abe Y., Oguma Y.

    SSM - Population Health (SSM - Population Health)  18   101089 2022年06月

    ISSN  2352-8273

     概要を見る

    In the context of global population ageing and concentration in cities, the population aged 80 and over (80+) is growing rapidly. Japan has the fastest ageing population and longest healthy average life expectancy, while health decline becomes pronounced and care needs increase in the 85+ age group post the ‘average life expectancy’. The healthy ageing of older urban community dwellers is a pressing issue in world initiatives for sustainable urbanisation. However, for the 85+ age group, less is known about how promoting/inhibiting factors and their pathways influence healthy ageing, and related longitudinal studies remain insufficient. Using data from a longitudinal cohort study conducted from 2008–2009 to 2014–2015 among independent dwellers aged 85+ in central Tokyo (men = 203, women = 232), this study analysed the impact pathways of environmental, social, and behavioural factors on health and survival to explore promoters and potential risks on healthy ageing by gender, with multi-group structural equation modelling (SEM) and Bayesian SEM. For both genders, there was a positive chained pathway starting from friends as facilitators through positive interactions between 'social participation’ and 'active behaviour' to 'ageing-related health'. Additionally, their personal networks were small, suggesting that men with family-centred networks and women with non-family-centred networks require different approaches and supports. Implications of the results are discussed, and an organised social watch and support system, which becomes more important in the ‘new normal’ for urban dwellers aged 85+, is recommended.

  • アクティブガイドの認知,身体活動およびヘルスリテラシー—横断デザインによる全国インターネット調査データより—

    原田 和弘, 田島 敬之, 小熊 祐子, 澤田 亨

    日本健康教育学会誌 (日本健康教育学会)  30 ( 2 ) 103 - 114 2022年05月

    ISSN  13402560

     概要を見る

    <p>目的:本研究では,ヘルスリテラシーがアクティブガイドの認知と関連しているかどうかと,ヘルスリテラシーの程度によって,アクティブガイドの認知と身体活動との関連性が異なるかどうかを検証した.</p><p>方法:この横断研究では,社会調査会社の全国の調査モニター7,000名にインターネットによる質問紙調査を行い,アクティブガイドの認知,身体活動(中強度以上の身体活動量,身体活動レベル),ヘルスリテラシー,および基本属性の関連性を評価した.</p><p>結果:アクティブガイドの認知を従属変数としたロジスティック回帰分析の結果,ヘルスリテラシー得点が有意に正の関連をしていた.身体活動の両指標を従属変数とした重回帰分析とロジスティック回帰分析の結果,アクティブガイドの認知とヘルスリテラシーとの交互作用項が有意に負の関連をしていた.ヘルスリテラシーの程度で層化した分析を行った結果,ヘルスリテラシー低群でもヘルスリテラシー高群でも,アクティブガイドの認知は身体活動の両指標と有意に正の関連をしていた.ただし,偏回帰係数やオッズ比は,ヘルスリテラシー高群よりもヘルスリテラシー低群のほうが大きかった.</p><p>結論:本研究により,ヘルスリテラシーが高い人々のほうがアクティブガイドを認知している傾向にあること,および,ヘルスリテラシーが低い人々においてアクティブガイドの認知と身体活動との正の関連性が顕著な傾向にあることが明らかとなった.</p>

  • アクティブガイドの認知、身体活動およびヘルスリテラシー 横断デザインによる全国インターネット調査データより

    原田 和弘, 田島 敬之, 小熊 祐子, 澤田 亨

    日本健康教育学会誌 ((一社)日本健康教育学会)  30 ( 2 ) 103 - 114 2022年05月

    ISSN  1340-2560

  • 身体活動推進政策の認知度と政策展開

    種田 行男, 小熊 祐子

    体力科学 (一般社団法人日本体力医学会)  71 ( 1 ) 91 - 91 2022年

    ISSN  0039-906X

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナウイルス感染症流行下における健康づくり 高齢者の身体活動に着目して

    齋藤 義信, 小熊 祐子, 土井原 奈津江

    神奈川県立保健福祉大学誌 (神奈川県立保健福祉大学)  19 ( 1 ) 37 - 46 2022年03月

    ISSN  1349-4775

  • 暑熱環境におけるアイススラリー摂取による体温低下効果及び運動パフォーマンスの改善効果

    森戸 暁久, 平田 昂大, 山田 啓史, 下益田 正嗣, 原本 真紀, 加藤 敬太, 田原 茂行, 稲見 崇孝, 小熊 祐子, 石田 浩之, 神武 直彦

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  142年会   26PO10 - pm2 2022年03月

    ISSN  0918-9823

  • オリンピック・パラリンピックと身体活動政策:これまでとこれからの意義 1964年東京オリンピック以降の身体活動・スポーツ政策の変遷

    小熊 祐子

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  71 ( 1 ) 97 - 97 2022年02月

    ISSN  0039-906X

  • 身体活動ガイドライン改定の方向性と内容 慢性疾患有病者に対する身体活動基準レビュー班の取り組み

    小熊 祐子, 佐藤 真治, 田村 好史, 宮下 政司, 齋藤 義信, 田島 敬之, 津下 一代, 原藤 健吾, 横山 美帆

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  71 ( 1 ) 17 - 17 2022年02月

    ISSN  0039-906X

  • 身体活動推進政策の認知度と政策展開 身体活動ガイドラインの認知・知識に関する評価法の課題と今後の展開

    田島 敬之, 小熊 祐子, 齋藤 義信, 澤田 亨, 原田 和弘

    体力科学 ((一社)日本体力医学会)  71 ( 1 ) 93 - 93 2022年02月

    ISSN  0039-906X

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Effects of replacing sedentary behavior with different intensities of physical activity on physical function among community-dwelling elderly: A cross-sectional study

    Tajima, T, Saito, Y, Kibayashi, Y, Oguma, Y

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 

    2018年10月

    ポスター発表, International Society of Physical Activity and Health

  • Relationship of objectively measured physical activity and physical function of community-dwelling very old in Kawasaki, Japan: baseline assessment of Kawasaki well-being prospective cohort study

    Oguma, Y., Tajima, T., Saito, Y., Fukui, S., Kibayashi, Y., Yoshida, N., Ishida, H., Hirata, T., Abe, Y. and Arai, Y.

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 

    2018年10月

    口頭発表(一般), International Society of Physical Activity and Health

  • RE-AIM evaluation of a community-wide physical activity intervention based on the Japanese guideline in adults: the Fujisawa+10 project

    Saito, Y, Tanaka, A, Tajima, T, Kibayashi, Y, Miyachi, M, Oguma, Y

    8th International Society of Physical Activity and Health (London, UK) , 

    2018年10月

    ポスター発表, International Society of Physical Activity and Health

  • 健康教育、ヘルスプロモーションの評価から得られること 身体活動促進のためのポピュレーションアプローチ「ふじさわプラス・テン」の取り組み

    齋藤, 義信, 田島, 敬之, 柴, 知里 and 小熊, 祐子

    日本健康教育学会誌, 

    2018年06月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 太極拳によるフロー体験と、生きがい感と自己効力感を介したSense of Coherence(SOC)の関係

    飯田, 健次 and 小熊, 祐子

    日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集, 

    2017年06月

    口頭発表(基調)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 「人生100年時代の包括的身体活動促進-自治体と連携した多世代コホート研究を基盤に」

    2021年04月
    -
    継続中

    地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所, 受託研究,  研究代表者

  • 令和2年度先進異分野融合プロジェクト研究立案・推進事業

    2020年06月
    -
    2020年10月

    地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所, 受託研究,  研究代表者

  • 健康領域における普及と実装科学およびリアルワールドエビデンスに関する研究

    2020年04月
    -
    2021年03月

    補助金,  研究分担者

  • 新状態における身体活動・スポーツの促進~オリンピックレガシー・SDGsの達成に向けて

    2020年04月
    -
    2021年03月

    補助金,  研究代表者

  • 高齢者自主グループの運動を普及・継続するための仕組みづくり:住民参加型の実証研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 齋藤 義信, 補助金,  研究分担者

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • セッション「生活習慣と認知症予防」

    三村 將、武林亨、秋山美紀、新井康通、小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015年11月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • 健康長寿特に運動・身体活動

    小熊祐子

    SFC OPEN RESEARCH FORUM 2015  セッション「生活習慣と認知症予防」, 

    2015年11月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • ふじさわプラス・テン(今より10分多くカラダを動かそう!)

    大学院健康マネジメント研究科小熊祐子ら

    藤沢市湘南台ファンタジア, 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • +10から始める職場の健康づくり

    よぼう医学 (東京都予防医学協会), 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 家を暖かくし身体活動を増やして健康長寿を目指しましょう

    かながわ健康・省エネ住宅推進協議会, 

    2015年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 公衆衛生実践

    2022年度

  • 健康マネジメント概論

    2022年度

  • 運動疫学

    2022年度

  • 臨床入門

    2022年度

  • 特別研究

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康リスクアセスメント学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 臨床入門

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 健康行動科学

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 健康増進プログラム論

    慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 大学院健康マネジメント研究科「臨床入門」

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    春学期, 講義, 専任, 20人

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 藤沢市老人福祉センター指定管理者審査選定委員会 委員

    2022年07月
    -
    2023年03月
  • 藤沢市高齢者施策検討委員会 委員

    2021年06月
    -
    継続中
  • キャンサーフィットネス【セルフケア行動を行うための生活習慣プログラム】

    2021年02月
    -
    2021年03月
  • 日本学術会議連携会員

    2020年10月
    -
    継続中
  • 2020年度中央区区民カレッジ まなびのコース「連携講座」 誰もが安全・安心に身体活動を楽しむ仕組みづくり

    2020年10月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本サルコペニア・フレイル学会, 

    2020年
    -
    継続中
  • International Society of Physical Activity and Health, 

    2016年
    -
    継続中
  • 日本疫学会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 日本行動療法学会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 日本運動疫学会, 

    2013年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    2024年03月

    若手研究者のための健康科学研究助成 選考委員, 公益財団法人 明治安田厚生事業団

  • 2022年
    -
    継続中

    環境づくり研究会 委員, 一般社団法人 日本健康教育学会

  • 2022年
    -
    継続中

    COI委員会 委員長, 一般社団法人日本健康教育学会

  • 2021年11月
    -
    2023年11月

    学術委員会健康スポーツ部会サステナブル(成人・熟年期)小委員会委員 教育研修委員会委員, 一般社団法人日本臨床スポーツ医学会

  • 2020年10月
    -
    継続中

    一般社団法人日本臨床スポーツ医学会 代議員, 一般社団法人日本臨床スポーツ医学会

全件表示 >>